ルトスワフスキ(1913-1994)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ルトスワフスキ:管弦楽のための協奏曲、シマノフスキ:3つの断章 リープライヒ&ポーランド国立放送響、ポドレシュ

ルトスワフスキ(1913-1994)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ACC30332CD
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ルトスワフスキ:管弦楽のための協奏曲、シマノフスキ:3つの断章
リープライヒ&ポーランド国立放送響
快刀乱麻、リープライヒのポーランド音楽


今もっとも注目される指揮者のひとりアレクサンダー・リープライヒ。1968年レーゲンスブルク生まれ、アバドとギーレンの薫陶を受け、NHK交響楽団や紀尾井シンフォニエッタにも客演しています。2012年からは、外国人としては初めてポーランド国立放送交響楽団の首席指揮者兼音楽監督を務めるなど、動向が気になる存在となっています。
 当アルバムはルトスワフスキとシマノフスキという20世紀ポーランド音楽史の2大巨頭の作品を収録。どちらも初期作品ですが、両者の個性は明瞭に現れています。ルトスワフスキの『管弦楽のための協奏曲』は3つの楽章から成り、バルトークの同名作品の影響を感じさせます。ポーランドのオーケストラゆえ、民族色を自然に表出しているのはさすが。リープライヒのスピード感あふれる演奏も快適です。シマノフスキ作品は、もともとピアノ伴奏だったものを朋友の指揮者フィテルベルクが極彩色のオーケストレーションを施したもの。宗教的な詩に基づきながらも、シマノフスキ初期のワーグナーやリヒャルト・シュトラウス風退廃の世界にゾクゾクさせられます。ポドレシュはキャスリーン・フェリアを思わすコントラストで妖しさをより深めています。(キングインターナショナル)

【収録情報】
1. ルトスワフスキ:管弦楽のための協奏曲 (1954)
2. シマノフスキ/フィテルベルク編:カスプロヴィチの詩による3つの断章 Op.5

 エヴァ・ポドレシュ(コントラルト:2)
 ポーランド国立放送交響楽団
 アレクサンダー・リープライヒ(指揮)

 録音時期:2014年6月25-28日
 録音場所:カトヴィツェ音楽アカデミー、カロル・シマノフスキ音楽ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

  • 01. Intrada
  • 02. Capriccio Notturno E Arioso
  • 03. Passacaglia, Toccata E Corale
  • 04. Moja Piesn Wieczorna
  • 05. Jestem I Placze
  • 06. Swiety Boze

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ルトスワフスキ(1913-1994)に関連するトピックス

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト