掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集

ルシア・ベルリン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065119297
ISBN 10 : 4065119294
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
317p;20

内容詳細

「アメリカ文学界最後の秘密」と呼ばれたルシア・ベルリンの小説集を日本でついに刊行!

2013年にノーベル文学賞を受賞したアリス・マンローや、短篇の名手レイモンド・カーヴァー、日本で近年人気が高まっているリディア・デイヴィスなどの名だたる作家たちに影響を与えながら、寡作ゆえに一部のディープな文学ファンにのみその名を知られてきた作家、ルシア・ベルリン。

2004年の逝去から10年を経て、2015年、短篇集A Manual for Cleaning Womenが出版されると同書はたちまちベストセラーとなり、The New York Times Book Reviewはじめ、その年の多くのメディアのベスト本リストに選ばれました。

本書は、同書から岸本佐知子がよりすぐった24篇を収録。
この一冊を読めば、世界が「再発見」した、この注目の作家の世界がわかります!

このむきだしの言葉、魂から直接つかみとってきたような言葉を、
とにかく読んで、揺さぶられてください
               ――岸本佐知子「訳者あとがき」より

彼女の小説を読んでいると、自分がそれまで何をしていたかも、
どこにいるかも、自分が誰かさえ忘れてしまう。
               ――リディア・デイヴィスによる原書序文「物語こそがすべて」(本書収録)より

毎日バスに揺られて他人の家に通いながら、ひたすら死ぬことを思う掃除婦(「掃除婦のための手引き書」)。
夜明けにふるえる足で酒を買いに行くアルコール依存症のシングルマザー(「どうにもならない」)。
刑務所で囚人たちに創作を教える女性教師(「さあ土曜日だ」)。……
自身の人生に根ざして紡ぎ出された奇跡の文学。


著者プロフィール
ルシア・ベルリン (ルシア・ベルリン) (著/文)

Lucia Berlin 
1936年アラスカ生まれ。鉱山技師だった父の仕事の関係で幼少期より北米の鉱山町を転々とし、成長期の大半をチリで過ごす。3回の結婚と離婚を経て4人の息子をシングルマザーとして育てながら、高校教師、掃除婦、電話交換手、看護師などをして働く。いっぽうでアルコール依存症に苦しむ。20代から自身の体験に根ざした小説を書きはじめ、77年に最初の作品集が発表されると、その斬新な「声」により、多くの同時代人作家に衝撃を与える。90年代に入ってサンフランシスコ郡刑務所などで創作を教えるようになり、のちにコロラド大学准教授になる。2004年逝去。レイモンド・カーヴァー、リディア・デイヴィスをはじめ多くの作家に影響を与えながらも、生前は一部にその名を知られるのみであったが、2015年、本書の底本となるA Manual for Cleaning Womenが出版されると同書はたちまちベストセラーとなり、多くの読者に驚きとともに「再発見」された。


岸本 佐知子 (キシモト サチコ) (翻訳)

翻訳家。訳書にリディア・デイヴィス『話の終わり』『ほとんど記憶のない女』、ミランダ・ジュライ『最初の悪い男』、スティーブン・ミルハウザー『エドウィン・マルハウス』、ジャネット・ウィンターソン『灯台守の話』、ジョージ・ソーンダーズ『短くて恐ろしいフィルの時代』など多数。編訳書に『変愛小説集』『楽しい夜』『居心地の悪い部屋』ほか、著書に『なんらかの事情』ほか。2007年、『ねにもつタイプ』で講談社エッセイ賞を受賞。


【著者紹介】
ルシア・ベルリン : 1936年アラスカ生まれ。鉱山技師だった父の仕事の関係で幼少期より北米の鉱山町を転々とし、成長期の大半をチリで過ごす。3回の結婚と離婚を経て4人の息子をシングルマザーとして育てながら、高校教師、掃除婦、電話交換手、看護師などをして働く。いっぽうでアルコール依存症に苦しむ。20代から自身の体験に根ざした小説を書きはじめ、77年に最初の作品集が発表されると、その斬新な「声」により、多くの同時代人作家に衝撃を与える。90年代に入ってサンフランシスコ郡刑務所などで創作を教えるようになり、のちにコロラド大学准教授になる。2004年逝去

岸本佐知子 : 翻訳家。2007年、『ねにもつタイプ』で講談社エッセイ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 南雲吾朗 さん

    驚愕である。とにかく凄い。こんな文章は今まで読んだことがない。まさに訳者あとがきで書いてある様に、一読で打ちのめされた。不必要な言葉は一つとして書かれていない。波瀾万丈で過酷な人生を送ってきた著者。その痛みをともなう人生の題材を、変容させ、読む者の五感を鷲掴みにして物語の世界へ引きずり込む。「むき出しの言葉、魂から直接つかみ取ってきたような言葉に揺さぶられて下さい。」揺さぶられて失神しそうなくらいだ。この本の素晴らしさを全く伝えられない自分の稚拙さがとにかく恥ずかしい。この本は多くの人に読んでもらいたい。

  • fwhd8325 さん

    この表紙を見て、とにかく、この作品を読んでみたい欲求が生まれました。中には1,2ページの短編を含む短編集ですが、どの作品も強く印象を残します。よく日常を切り取るという表現がありますが、この作品は、著者ルシア・ベルリンの人生の中から生まれたもののようです。著者の名前は初めて聞きました、そして、すでに亡くなられていることも知りました。年齢を経て、作品が変化していくのを見てみたかったと思います。岸本さんの翻訳はとても読みやすく、作品に集中することができました。

  • ずきん さん

    読友さんたち絶賛のレビューに惹かれて読んだわたしも大絶賛である。むきだしで、ユーモアにあふれ、ぶっきらぼう。それでいてペーソス漂う珠玉のストーリー達。これほど「読む」に特化した物語にはなかなか出会えない。表題作の艶やかさといったら言葉にできない。語り手の目に映る情景や思い出を見、そして仕掛けにはまってゆく。共感などという生やさしいものではない。共鳴し、同化する。岸本さんの訳も素晴らしいのだろうなあ。けれど、リディア・デイヴィスの解説を読むと、原文での単語の羅列とリズムはさらに心を躍らせるのだろうな。絶賛!

  • ヘラジカ さん

    苛酷で容赦なく厳しい作品の数々。抜き身の言葉に切り刻まれるような、傍観者であることを許さない鋭い筆致。私的な体験を題材にしているにも拘わらず、どの作品も読み終えた直後には語り手の感情の残滓が胸に蟠るような感覚を残す。表題作はやはり白眉。今年度のベスト短篇候補かもしれない。他は「星と聖人」「私の騎手」「いいと悪い」「喪の仕事」「さあ土曜日だ」が好み。作品集とは言え元になった短篇集の全訳ではないのが少し残念。残りの翻訳も楽しみに待ちたい。

  • あさうみ さん

    ほとんどが10ページほどの短編なのに、数行で読み手の五感全てを鋭利な筆致で巻き込み離さない。こんな短編集初めてだ。作者の人生に戻づいて書かれており、自殺を迷い、アル中とほの暗さや憂いを帯びる情景なのに、心地良い余韻がある。ルシア・ベルリンの芯の強さ、気高さの賜物。辛い時の清涼剤になる本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ルシア・ベルリン

1936年アラスカ生まれ。鉱山技師だった父の仕事の関係で幼少期より北米の鉱山町を転々とし、成長期の大半をチリで過ごす。3回の結婚と離婚を経て4人の息子をシングルマザーとして育てながら、高校教師、掃除婦、電話交換手、看護師などをして働く。いっぽうでアルコール依存症に苦しむ。20代から自身の体験に根ざし

プロフィール詳細へ

ルシア・ベルリンに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品