料理研究家のくせに「味の素」を使うのですか? 河出新書

リュウジ (料理家)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309631707
ISBN 10 : 4309631703
フォーマット
出版社
発行年月
2023年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
208p;18

内容詳細

塩味に塩、甘味に砂糖、うま味に「味の素」。家庭料理の味方です。うま味調味料の至高の使い方から、その歴史、安全性まで徹底的に語りつくし、「味の素」論争に終止符を打つ。

目次 : 第1章 なぜ味の素を使うのか?/ 第2章 うま味調味料とは何か?/ 第3章 うま味調味料の至高の使い方/ 第4章 うま味調味料の歴史/ 第5章 MSGは本当に体に悪いのか?/ 第6章 UMAMIは世界に誇る食文化

【著者紹介】
リュウジ : 料理研究家。テレビ・漫画のレシピ監修や、食品メーカー等とのタイアップによるレシピ開発、自治体での講演も多数手がける。YouTube「料理研究家リュウジのバズレシピ」はチャンネル登録者数420万人超え(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • honyomuhito さん

    これ本当に動画で酔っぱらいながら料理作ってるあのお兄さんが書いてるの?と思うほど論理的で理知的な文章だった。そうか料理というのは突き詰めると思想なのだな。自分で作るのか、作らないのか。手間を惜しまず手をかけるか、かけないか。食材や調味料に凝るのか、凝らないのか。おいしさを追求するのか、しないのか。食というものに意味を見出すか、見出さないか。食い意地に特化したこの飽食の国で、何を食べるかにはありとあらゆる選択肢がある。願わくば誰でもがその人なりに幸せな食生活を送れますように。

  • じょうき さん

    図書館本。リュウジ氏のYouTubeは面白くて実践的なのでよく観ていて、味の素論争も何となく耳にしていた。レシピにあるので使用しているし、入れ忘れるとさっぱり味が決まらないのも経験的に知っていたが、味の素がどんな調味料で、どんな歴史をたどってきたのか、本書で初めて知った。発見から親しまれ、弾圧され、認め直されてきた経過は、ドラマティック。読みものとして単純に興味深く、イノシン酸との相乗効果の意味もよくわかり、理解が深まった。レシピも載っていて早速無限キャベツを作った。読んで楽しく実践的、良作だった。

  • 金城 雅大(きんじょう まさひろ) さん

    リュウジ氏信奉者としては必読書でした。

  • イワトコナマズ さん

    ユーチューブで人気の料理研究家「リュウジ」。彼のレシピの特徴は味の素などのうま味調味料をよく使い、またそれを隠さないこと。味の素をなぜ使うか、味の素をどう使ったらいいか、味の素は安全かなどについて彼の意見が書かれています。

  • よねはら さん

    味の素とは何か。うま味調味料とは何か。分かってるようで分かってなかった日本を代表する調味料の話が詰まってます。危険視され続けたからこそ、揺るがない安全性が担保されているのですね。簡単に作れるレシピもいくつか掲載されているので、自分でも試してみたいです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

リュウジ (料理家)に関連するトピックス

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品