リムスキー=コルサコフ (1844-1908)

人物・団体ページへ

SHM-CD

ムソルグスキー:展覧会の絵、リムスキー=コルサコフ:シェエラザード プレヴィン&ウィーン・フィル(限定盤)

リムスキー=コルサコフ (1844-1908)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD9755
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
限定盤

商品説明

ウィーン・フィルSHM-CD名盤シリーズ
ウィーン・フィル来日記念盤
初回限定生産 SHM-CD仕様

展覧会の絵、シェエラザード
プレヴィン&ウィーン・フィル

どちらもウィーン・フィルにとって初録音となった珍しいレパートリー。『展覧会の絵』は意外なことにプレヴィンにとっても唯一の録音です。(ユニバーサルミュージック)

【収録情報】
・ムソルグスキー/ラヴェル編:組曲『展覧会の絵』
・リムスキー=コルサコフ:交響組曲『シェエラザード』作品35
 ライナー・キュッヒル(ヴァイオリン)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 指揮:アンドレ・プレヴィン

 録音時期:1985年4月(展覧会の絵)、1981年12月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:デジタル(展覧会の絵のみライヴ)

内容詳細

ウィーン・フィルにとって初録音となった2曲をパッケージ。ムソルグスキー「展覧会の絵」は、プレヴィンにとっても唯一の録音だ。プレヴィンの持ち前の構築力と色彩感で、ウィーン・フィルの美質を抽出している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
☆
ロスロポーヴィッチ/パリ管の絢爛豪華なア...

投稿日:2015/07/13 (月)

ロスロポーヴィッチ/パリ管の絢爛豪華なアクの強い「あざとい」演奏、この「あざとさ」を中和したコンドラシン/コンセルトヘボウの演奏、そしてモザイク画のような色彩感と精密機械のようなリズム感に彩られたマゼール/BPOといった優れた演奏の前で、プレヴィンは何を聴かせてくれるか興味があった。 これは品の良いシェへラザードだ。ウィーンフィルの自発性を生かしながら、ここぞと手綱を引き締めたり、拍車をかけたりとプレヴィンは音楽を破綻なくドライヴする。リズムの切れ味はいいしリムスキー=コルサコフらしい豪華な色彩感も楽しめる。ただ、欲を言えば、すこし行儀良すぎるかな、と思う時もある。もうすこしえぐみが欲しくなる。 乱暴な言い方をすれば、音楽を煽り、バランスを省みず爆発させるような演奏を「ロシア的」と形容するのは間違っているし、この曲はそういった性格のものではない。精密は管弦楽法を駆使した精密画だと思う。この観点に立てば、なかなか立派な演奏だ。そして、いかにもプレヴィンらしい、彼の世界を見事に描いている。

shef さん | 栃木県 | 不明

0
★
☆
☆
☆
☆
プレヴィンとVPO。さぞかし名演だろうと誰...

投稿日:2010/07/24 (土)

プレヴィンとVPO。さぞかし名演だろうと誰もが思う。私も絶対にいいに決まってる,VPOの官能的な弦が聴ける,と大いに期待してこの糞高いSHM−SD盤を買った。ところが,結果はまったくの凡演で,キュッヒルのヴァイオリンソロもイマイチだしプレヴィンの指揮もどこがよいのかさっぱりわからない。(ヴァイオリンのソロならオーマンディ盤のキャロルがうまいですよ。あの人好きだなあ)。第一,VPOの響きの魅力を全然引き出せていない。話にならない。だれかVPOですばらしいシェヘラザードを振ってくれ〜。この曲は絶対にVPOが似合うと思う。

オットー さん | 鳥取県 | 不明

0
★
★
★
★
★
プレヴィンとウィーン・フィルの相性は抜群...

投稿日:2009/09/12 (土)

プレヴィンとウィーン・フィルの相性は抜群だと思う。R・シュトラウスの管弦楽曲などの名演でも明らかであるが、それは、プレヴィンがウィーン・フィルをがんじがらめに統率するのではなく、むしろウィーン・フィルが望む演奏方法、解釈をできる限り尊重して、伸び伸びと演奏させていることによるものと考える。本盤も、そうしたプレヴィンの長所が出た名演であり、ウィーン・フィルが実に伸び伸びと楽しげに演奏していることがわかる。もちろん、ウィーン・フィルに伸び伸びと演奏させているからと言って、プレヴィンが野放図にしているわけではなく、要所ではしっかりと手綱を締めていることがよくわかる。展覧会の絵にしても、シェラザードにしても、全体のスケールは雄大であるが、造型をいささかも弛緩させることなく、各場面の描き分けを巧みに行って、重厚な中にも情感溢れる演奏を繰り広げている点を見過ごしてはならない。それにしても、本盤に聴くウィーン・フィルの音色の美しさは格別。ライナー・キュッヒルの絶美のソロと相まって、本盤の価値を更に高めることに貢献している。SHM−CD化により、音響に一段と拡がりが出た点も見過ごすことができない。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

0

リムスキー=コルサコフ (1844-1908)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品