リムスキー=コルサコフ (1844-1908)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

『雪娘』全曲 クレシミル・バラノヴィチ&ベオグラード国立歌劇場、ヤンコヴィチ、チャンガロヴィチ、他(1955 ステレオ)(3CD)

リムスキー=コルサコフ (1844-1908)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4826913
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Australia
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ベオグラード・オペラ・シリーズ最終作はリムスキー=コルサコフの最高傑作

リムスキー=コルサコフによる魅惑的な青春のラヴストーリー、歌劇『雪娘』の初ステレオ録音のCD化です。既発売の6作にこの作品を加え、ベオグラード・オペラとのデッカによる1955年録音のロシア・オペラ7作品すべてがエロクァンスからCD化されました。1955年のベオグラード・オペラは、前年にスイスで『ボリス・ゴドゥノフ』のツアーで成功し、世界の聴衆に強い印象を与えていました。
 1882年に作曲された『雪娘』はリムスキー=コルサコフの3作目のオペラで、それ以外に12の作品を遺しましたが、晩年に彼はこの『雪娘』を自身の一番の傑作としていました。『雪娘』はモノラルとステレオの両方で録音されましたが、オリジナルはモノラルのみで発売され、ステレオ盤は1960年代に入ってやっと世に出ました。その時はすでにベオグラード・オペラは世界で大好評を博していました。オリジナルのステレオ・テープはリマスタリングされ、名声を博した初期のデッカ・サウンドのクォリティーの高さを証明しています。(輸入元情報)

【収録情報】
● リムスキー=コルサコフ:歌劇『雪娘』全曲


 春の精/Biserka Cvejic(メゾ・ソプラノ)
 氷の翁/ミロスラヴ・チャンガロヴィチ(バス)
 雪娘(スネグローチカ)/ソフィヤ・ヤンコヴィチ(ソプラノ)
 森の精/Drago Dimitrijevic(テノール)
 レル/Milica Miladinovic(メゾ・ソプラノ)
 クーパワ/ヴァレリア・ヘイバローヴァ(ソプラノ)
 ベレンディ皇帝/Stepan Andrashevich(テノール)
 Bermyata/Ilija Gligorijevic(バス)
 ミスギール/ドゥシャン・ポポヴィチ(バリトン)
 Bobil/ニコラ・ヤンチッチ(テノール)
 Bobilikha/Ljubica Versaykova(メゾ・ソプラノ)
 Shrovetide Straw-Dummy/Ivan Murgaski(バス)
 First Herald/ボゴルブ・グルブヒ(バス)
 Second Herald/Krsta Krstich(テノール)
 Page/Anita Yelinek(メゾ・ソプラノ)
 ベオグラード国立歌劇場管弦楽団&合唱団
 クレシミル・バラノヴィチ(指揮)

 録音時期:1955年9月26-30日、10月1,2,4日
 録音場所:ベオグラード
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

リムスキー=コルサコフ (1844-1908)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品