CD

ピアノ協奏曲集、鏡 エマール、ブーレーズ&クリーヴランド管弦楽団

ラヴェル(1875-1937)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG1512
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

エマール/ラヴェル:ピアノ協奏曲集
ブーレーズ&クリーヴランド管との共演!

近現代音楽を中心として幅広いレパートリーに素晴らしい演奏を聴かせるフランスのピアニスト、ピエール=ロラン・エマールは、1957年リヨンの生まれ。イヴォンヌ・ロリオに師事し、1973年、オリヴィエ・メシアン国際コンクールに優勝。1977年、少年時代から交流のあるブーレーズにより、アンサンブル・アンテルコンタンポランの首席ピアニストに抜擢され、以来、国際的な舞台で活躍しています。
 今回、登場するラヴェルのピアノ協奏曲集は、リゲティ:ピアノ協奏曲バルトーク:2台のピアノ、打楽器と管弦楽のための協奏曲ヴェーベルン:9つの独奏楽器のための協奏曲に続くブーレーズとの共演。
 エマールの演奏は、入念で思慮深く、多彩な音色を操る技術に長けたもので、メシアンではそうした要素が大きくプラスに働いていただけに、メシアンが大好きだったラヴェルの作品でも高水準な演奏が期待できます。
 ちなみにブーレーズは同じドイツグラモフォンに、ツィマーマンともラヴェルのピアノ協奏曲集を録音していますが、今回のものとは演奏時間も似ているだけに、比較も興味深いところです。
 なお、エマールのラヴェルは、ワーナーに『夜のガスパール』がありました。

【収録情報】
ラヴェル
・左手のためのピアノ協奏曲ニ長調 [18:51]
・ピアノ協奏曲ト長調 [22:22]
・組曲『鏡』[29:19]
 「蛾」
 「悲しげな鳥たち」
 「海原の小舟」
 「道化師の朝の歌」
 「鐘の谷」

 ピエール=ロラン・エマール(ピアノ)
 クリーヴランド管弦楽団 
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音時期:2010年2月4〜7日
 録音場所:セヴェランスホール、クリーヴランド 
 録音方式:デジタル

内容詳細

「左手」冒頭のバスの蠢きから実にクリアで、エマールのアルペッジョや、裏で聴かせる弦のグリッサンドの綾など、どこをとってもとにかく緻密。この手のアプローチはたいてい木を見て森が見えなくなってしまうものだが、そうならないのが彼らのスゴさだ。「鏡」では、書法と響とが絶妙なバランスで現前する。★(ま)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ピアノとオーケストラの演奏が見事に一体化...

投稿日:2021/02/22 (月)

ピアノとオーケストラの演奏が見事に一体化している。また、現代音楽の演奏家は冷たいと言われることがあるが、ここではそんなことを全く感じない。

gakusei さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
非常にクールで、知性的。ブーレーズとの相...

投稿日:2015/09/20 (日)

非常にクールで、知性的。ブーレーズとの相性もよし。今後さらに活躍すると思われる演奏家の一人である。

segovia さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
あまたあるラベルのピアノ協奏曲のCDの中...

投稿日:2011/01/02 (日)

あまたあるラベルのピアノ協奏曲のCDの中からこの盤を選んだのは「左手のためのピアノ協奏曲」とのカップリングだからです。職場(リハビリテーション病院)で患者さんからピアニスト館野泉さんのことを聴かされ、この曲に改めて興味がわきました。結果的には”両手のための”ピアノ協奏曲ト長調と比べるとちょっとつまらなかったです。 左手のためのピアノ作品について言うならば、バッハ作曲の無伴奏バイオリンパルティータ第2番のシャコンヌをブラームスがクララ・シューマンのために左手用に編曲した曲が館野泉「左手のためのピアノ作品集」(エイベックス・クラシックス)に収録されていてお薦めです。

ガメラ さん | 群馬県 | 不明

2

ラヴェル(1875-1937)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品