ラッセル・E・エリクソン

人物・団体ページへ

SOS!あやうし空の王さま号 ヒキガエルとんだ大冒険 4 児童図書館・文学の部屋

ラッセル・E・エリクソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566013391
ISBN 10 : 4566013391
フォーマット
出版社
発行年月
2008年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,138p

内容詳細

暑い夏の日、ウォートンはモートンのために気球を作ったが、彼らを乗せた手作りの気球は原っぱに墜落。そこは、しんとして、生き物の気配がまるでない場所だった…。大人気シリーズ、翻訳を改めて再登場。

【著者紹介】
ラッセル・E・エリクソン : 1932年、アメリカのコネティカット州ハートフォード生まれ。高校卒業後、写真工房の技師、活字工、石版画家などを経て、1974年に『火曜日のごちそうはヒキガエル』(評論社)を発表。世界じゅうで絶賛を浴びる

ローレンス・ディ・フィオリ : 1934年、アメリカのペンシルヴァニア州ピッツバーグ生まれ。フィラデルフィア美術大学を卒業後、美術教師を経てイラストレーターとして活躍

佐藤凉子 : 1947年、北海道生まれ。北海道大学文学部、図書館短期大学別科卒業。公立図書館長、児童センター館長などを経て、現在、子どもと読書のコーディネーター&ストーリーテラー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • どぶねずみ さん

    図書館でオススメする夏休み読本。2匹のヒキガエル兄弟の冒険のお話。イタチに食べられそうだったところ、頭の良いヒキガエルの兄弟は知恵でイタチの心を動かし、タカの襲撃から助けてもらう。なかなか感動できる良いストーリーだ。知恵は何にでも役に立つな。

  • timeturner さん

    空を飛びたいという夢をかなえたところまではよかったけれど、自己中で気の荒いイタチ一家に振り回されるヒキガエル兄弟。それにしてもウォートンは掃除だけでなくDIYも得意なのね。料理上手のモートンと一緒にわが家に来てほしい。

  • pocco@灯れ松明の火 さん

    ウォートン&モートンシリーズ:モートンに良い気分になって貰う為、気球(空の王様号)を作った。気球は廃材と天敵の皮を使用。上出来でしたが、ケアレスミスで空に旅へ。イタチ達に捉えられた2匹の生活は予想外!さあ、家へカエれるかどうか?

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    自分記録用 『あなたもブックトーク 第7章 わたしの特選ブックトーク テーマ ふくろのなかみはなあに?』小学校3年生に。『にぐるまひいて』→『チャールズのおはなし』→『まつぼっくりノート』→『ダンゴムシみつけたよ』→『こいぬがうまれるよ』→『SOS、あやうし空の王さま号』→『ポリぶくろの実験』→『木の上のお城』→『ふくろにいれられたおとこのこ』 シリーズ4作目。

  • kaolu さん

    いつもウォートンの行動がきっかけでトラブルに巻き込まれるなw とはいっても、ウォートンとモートンのお互いを思いやる気持ちが美しいのだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ラッセル・E・エリクソン

1932年、アメリカのコネティカット州ハートフォード生まれ。高校卒業後、写真工房の技師、活字工、石版画家などを経て、1974年に『火曜日のごちそうはヒキガエル』(評論社)を発表。世界じゅうで絶賛を浴びる

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品