ラインベルガー(1839-1901)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ヴァイオリンとオルガンのための音楽 リネ・モスト(vn)マリ・シナー(org)

ラインベルガー(1839-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8557383
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ラインベルガー:<ヴァイオリンとオルガンのための音楽>

NAXOSから5枚の「オルガン作品全集」がリリースされているラインベルガーの、ちょっと珍しい編成による作品を2曲。オルガン・ファンはもちろん、ブラームスとほぼ同じ時代のドイツ・ロマン派音楽を知る一枚としても重要です。
ラインベルガー(1839-1901)は、生涯を通じて様々なジャンルで成功作を書きましたが、数多くの技巧的なオルガン作品が今日も記憶に留まり、今では19世紀におけるオルガン音楽の流れに多大な貢献をしたと見なされています。このCDに収められた録音は、ヴァイオリンとオルガンという異例の組み合わせによる作曲作品です。作品番号150の「6つの小品」は、ラインベルガーによるバロック音楽とロマン派スタイルの融合の好例である、壮麗な「序曲」から、憂愁に満ちた「悲歌」まで振幅に富んだ構成ですが、統一する主題は特にありません。対照的に、作品166の組曲は、論理的に配置された楽章構成と調性の変化によって作曲されており、バロックに影響された前奏曲に始まり、ヴァイオリニストが音を維持するために大変な労力を要する技巧的な「常動曲」で頂点を築きます。

・ラインベルガー:
 @ヴァイオリンとオルガンのための6つの小品集
 Aヴァイオリンとオルガンのための組曲
 リネ・モスト(vn)
 マリ・シナー(org)
 コペンハーゲン、聖ダヴィデ教会のオルガン使用

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
NAXOSでしか聞けない曲ではないでしょうか...

投稿日:2021/07/05 (月)

NAXOSでしか聞けない曲ではないでしょうか。素晴らしい曲ですし、演奏です。録音バランスも違和感がなく、とても自然です。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0

ラインベルガー(1839-1901)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト

  • 作成者:汝、在るべき姿に戻れさん