ものは言いよう Moe BOOKS

ヨシタケシンスケ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592733010
ISBN 10 : 4592733010
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
144p;22

内容詳細

数々の絵本賞を受賞している著者の絵本創作の秘密がすべて詰まったインタビュー&イラスト集。 ユニークな「ヨシタケシンスケのしくみ」「ヨシタケシンスケができるまで」「ヨシタケシンスケの一日」などのイラストや、 スケッチ、アトリエ、本棚、お気に入りの本などの写真も満載。 ファンはもちろん、絵本を好きな人も楽しめる保存版の1冊です。

【著者紹介】
ヨシタケシンスケ : 1973年神奈川県生まれ。『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)『りゆうがあります』(PHP研究所)『もうぬげない』(ブロンズ新社)『なつみはなんにでもなれる』(PHP研究所)『おしっこちょっぴりもれたろう』(PHP研究所)で、MOE絵本屋さん大賞第1位を受賞し、5冠に輝く。『つまんないつまんない』(白泉社)で、2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あっか さん

    新刊。ヨシタケさんエッセイ集…というかヨシタケさん集大成!幼少期から本棚から絵本や絵本以外の作品全てからなぜ絵本作家になったのか?等のインタビューまで、ヨシタケさんの全てが詰まっていると言っても過言ではないです。知らなかったアーティスティックな面もありびっくり。彼はファンタジーのように世界観が壮大な訳ではなくて寧ろ日常的な感じだけどその分凄く深くて、それが作品にも顕れているんだなとこのエッセイを読んで感じました。彼の描くメカの表現が好きだなー。あと、あるかしら書店って絵本じゃなかったんですね!笑

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    ヨシタケシンスケさんの素顔が見えるご本だよ♪ 絵本雑誌 月刊MOEで読んだあれとかこれとかに大幅加筆修正したものです。■毎日のスケッチ帳(実物大)とアタッシュケースに貯めた過去のスケッチのストック、絵本のラフが眼福。同じ本を好きだったりして親近感。「ヨシタケシンスケに聞いてみよう!100こくらい」と「ヨシタケシンスケのことば」に共感やら納得やら♪ ってか質問者に凄い人達がしれっと混じってない? 「絵本作家にナルニワ国」「初海外☆ボローニャ紀行」も楽しく拝見しました ( ' ᵕ ' ) (2019年)(→続

  • たくや さん

    うん、ほとんどMOEの特集の再編集だった…でもこれはこれで楽しい。

  • >< さん

    初版2019年。ヨシタケさんのことがいっぱい詰まった本。モノ作りの難しさ、しんどさが伝わってくる。ヨシタケさんはいろんなことをいっぱい考えて、作っておられる。だからこそ、こんな素敵な絵本が描けるんだろうなー。すごい人。尊敬します。次の作品を楽しみに、気長に待ってます。

  • はるき さん

     タイトルが秀逸。屁理屈をこねるではなく、良い面をより大きく受け止めることが出来れば色々楽しくなりそう。ヨシタケさんの超ネガティブな所が凄く好きだ!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヨシタケシンスケ

1973年神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。日常のさりげないひとコマを独特の角度で切り取ったスケッチ集や、児童書の挿絵、装画、イラストエッセイなど、多岐にわたり作品を発表。『りんごかもしれない』で第6回MOE絵本屋さん大賞第1位、第61回産経児童出版文化賞美術賞、『もうぬげ

プロフィール詳細へ

ヨシタケシンスケに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品