ユヴァル・ノア・ハラリ

人物・団体ページへ

ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来 下

ユヴァル・ノア・ハラリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309227375
ISBN 10 : 4309227376
フォーマット
出版社
発行年月
2018年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
284p;20

内容詳細

「私」は虚構なのか? 生物はただのアルゴリズムであり、生物工学と情報工学の発達によって、資本主義や民主主義、自由主義は崩壊する。『サピエンス全史』の著者が描く衝撃の未来!


[著者]
ユヴァル・ノア・ハラリ (ハラリ,Y.N)
イスラエル人歴史学者。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して博士号を取得し、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えている。著書『サピエンス全史』は世界で800万部を超えるベストセラーとなった。

柴田 裕之 (シバタ ヤスシ)
翻訳家。早稲田大学・Earlham College卒業。訳書にドゥ・ヴァール『道徳性の起源』、リドレー『繁栄』(共訳)、リフキン『限界費用ゼロ社会』、ハラリ『サピエンス全史(上下)』など。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    上下巻、550頁弱、完読しました。[人類を含む森羅万象≒データ処理システム]だったとは・・・人間が自らを神へとアップグレードし、ホモ・サピエンスからホモ・デウスへ進化した時の未来は、どうなるのでしょうか?多分私は、生きてはいないと思いますが・・・

  • 混沌 さん

    うーん、消化不良(自分の力不足で)。著者の言いたいことは訳者あとがきによくまとまっているから、いつものように感じたり考えたことを。前作の『サピエンス全史』でちょろっと触れていたことをずっと議論を深めていたりするので、面白くもあるのだが遠回りな感がするところもあり、ところにより読むのがつらい。最終章でここまで積み上げてきたものをこういう風に持っていきたかったのかとわかる。第7章人間至上主義革命が現実面で一番衝撃だった。ここは未来の話ではないので。自分が信じているものは自然科学か?いや、学

  • 本読みたぬき さん

    人類はこのまま突き進んだら近い将来オーソン・ウェルズの「1984」のようになるのか…?作者は、その答えを明確に示していない。示しているのは、その答えは読者が自分自身で考えて出して下さいということ。自分で考えるのって実は大変難しい。私は、読メの感想でも、「知」に走らずに、自分の内面から出ているようなものが好きです。

  • えちぜんや よーた さん

    上巻から下巻まで素直に読むと読破するのに8時間ぐらいはかかるだろう。なので時間がない人はまず「訳者あとがき」で要約文を読む。次に上巻の1章で本書の問題提起が何か読み取る。三番目に下巻の10章・11章で結論を読む。各エピソードを深読みしていると「で、何が言いたいの?」とたびたび迷子になる。上記の3章以外はページを開いて、「だが」・「つまり」などの接続詞を見つけて斜め読みした方が良い。読書のためだけに時間を割くことができないビジネスパーソンにとって日ごろの「読書術」が試される本。

  • たかしくん さん

    上巻の終りにあらわれた「人間至上主義」について、著者は色々な角度から熱く語ってくる。知識=経験×感性。そして、そこに至るまでの現代史の特筆される出来事を振り返り、資本主義的、社会主義的、そして新たに進化論的の3つの人間至上主義にカテゴライズする。話が寄り道することもあるが、なかでもボルヘスの言う「ドンキホーテの心理の3つの可能性」は、興味深かった。で、本著を結論づけるワードは「データ至上主義」でした。言われてみれば、現代人は多かれ少なかれ「データ教」の信者として心を支配されてますからね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ユヴァル・ノア・ハラリ

1976年生まれのイスラエル人歴史学者。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して博士号を取得し、現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えている。軍事史や中世騎士文化についての3冊の著書がある。オンライン上での無料講義も行ない、多くの受講者を獲得している

プロフィール詳細へ

ユヴァル・ノア・ハラリに関連するトピックス

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド