ユヴァル・ノア・ハラリ

人物・団体ページへ

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309226712
ISBN 10 : 430922671X
フォーマット
出版社
発行年月
2016年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
267p;20

内容詳細

なぜホモ・サピエンスだけが繁栄したのか?国家、貨幣、企業…虚構が文明をもたらした!48カ国で刊行の世界的ベストセラー!

目次 : 第1部 認知革命(唯一生き延びた人類種/ 虚構が協力を可能にした/ 狩猟採集民の豊かな暮らし/ 史上最も危険な種)/ 第2部 農業革命(農耕がもたらした繁栄と悲劇/ 神話による社会の拡大/ 書記体系の発明/ 想像上のヒエラルキーと差別)/ 第3部 人類の統一(統一へ向かう世界/ 最強の征服者、貨幣/ グローバル化を進める帝国のビジョン)

【著者紹介】
ユヴァル・ノア・ハラリ : 1976年生まれのイスラエル人歴史学者。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して博士号を取得し、現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えている。軍事史や中世騎士文化についての3冊の著書がある。オンライン上での無料講義も行ない、多くの受講者を獲得している

柴田裕之撮影 : 翻訳家。早稲田大学、Earlham College卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
タイトルに”全史”とあるように、人類−サ...

投稿日:2017/09/22 (金)

タイトルに”全史”とあるように、人類−サピエンス族−の発生から現代(及び将来見通し)に至る繁栄・・・あるいは”のさばり”(著者はサピエンス族の繁栄は常に他生物の殺戮・搾取を伴っている可能性があることを示唆している)・・・の経緯について語る本である。人類の発展を特徴付ける要因として、認知革命、農業革命、科学革命の三つを挙げて、その分析から人類が辿った”歴史”の意味を考えようというもので、”史”とあるが必ずしも全巻時系列に従って物語が語られている訳ではないので、内容的には副題にある”文明の構造と人類の幸福”のほうがシックリ来るところもあって、”歴史”を期待して読むとちょっと肩透かしを食らうような所もあるけれど、二百数十万年に渡る長いスパンの出来事を思い起こしながらサピエンス族の越し方行く末を考えさせられるのはなかなか面白い読書経験ではある。 著者の語り口は巧みで能弁ではあるけれど、少し独善的なところや、論理の組み立てに御都合主義的なところが感じられたり・・・・と(若さの特権?・・・本書出版時(2005)著者29歳!!!)、分析のやり方には必ずしも全面的に同意できるという訳ではないけれど、人間の世界を理解したいという著者の熱意が感じられて記述には読者の注意を逸らさない力がある。

yk さん | 京都府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    以前から気になっていた本書ですが、図書館の予約に出遅れてようやく読めました。年内に読めてほっとしています。単なる歴史ではなく生物学、経済学等の内容も交え、非常に興味深い内容となっています。人類の歴史は様々な書物で読んでいますが、「農作物が人類を家畜化した」と言う主張は、極めて刺激的で「目から鱗」状態でした。トータルの感想は下巻読了後に。

  • 徒花 さん

    思ったよりも文章が平易で、たまにユーモアを交えてあった。タイトルでは「全史」と銘打ってはいるが、人類の進化・発展をめぐる謎を時系列に沿って解説していくのではなく、「そもそも人類とは何か」「人類が生み出した様々な概念の正体とは」など、文化史としての側面が強い。おもしろいっちゃおもしろいのだが、ちょっと内容が雑多な感じがしているのが気になる。下巻で最終的に本書のメッセージがどのようにまとまるのかを確認してみたい。

  • 三代目 びあだいまおう さん

    なるほど面白い!地球誕生から46億年、無数の生物種が生まれては消えゆく中、恐竜のように巨大で力の強い種でなく、何故身体も力も卑小な『ホモサピエンス』がヒエラルキーの頂点に君臨できたかの謎ときが語られる。太古の様子などは、掘り出した僅かな証拠物とそれに対する解釈により覗き見るしかないが、欠かせないのがイマジネーション(想像力)!この本の主張には辻褄や道理に叶いどれも腹落ちする。小麦によって人類は家畜化された❓最強の征服者は『貨幣』❓地球史上最も危険な種『ホモサピエンス』❓好奇心を揺さぶられっぱなしだ‼️🙇

  • 本読みたぬき さん

    ホモ・サピエンスが主人公の、壮大な叙事詩のような本。上巻は誕生から帝国を作るまで。戦闘能力の低いホモ・サピエンスが短期間で地球上に蔓延した最大の理由は「知能」というより「想像力」のせいだというのが作者の一貫した主張。しかしその想像力こそが差別や格差の生まれた元であり、自由や平等もまたファンタジーであるという主張に納得。世界史好きにはたまらない本。

  • 混沌 さん

    むっちゃ面白い!(以下、連呼)読みながら3色ボールペンが手放せない。地球環境や生物多様性、外来種、人口の問題、いつも、いつも、いつも立ちはだかるのはホモ・サピエンスの特殊性だ。そこで議論がストップする。暗礁に乗り上げる。そこにメスを入れた野心作。様々な既知の事項を結びつけ、そして、常識をひっくり返す。いや、常識を真横から、別の側面から見せてくれるのかな。この快感。たとえが豊富で面白く、時に心地よい毒入り。また、知らぬ知識も次々に。こんな知的興奮は久しぶり。『銃・病原菌・鉄』が好

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ユヴァル・ノア・ハラリ

歴史学者、哲学者。1976年、イスラエル、ハイファ生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号を取得。現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えるかたわら、2018年のダボス会議での基調講演など、世界中の聴衆に向けて講義や講演も行なう。著書は、世界的なベストセラーとなっ

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド