わたしのひかり 児童図書館・絵本の部屋

モリー・バング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566001688
ISBN 10 : 4566001687
フォーマット
出版社
発行年月
2011年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
29cm,34p

内容詳細

きらきらひかる町のあかり、あのあかりも、もともとはわたし=太陽のひかりなのですよ…。人間がどのようにして電気を手に入れているかを語る絵本。様々な発電方法の短所と長所も解説する。

【著者紹介】
モリー・バング : 1943年、アメリカのニュージャージー州プリンストンに生まれ、メリーランド州ボルティモアで育つ。ウェルズリー・カレッジでフランス語を専攻し、卒業後は1年半、京都に滞在。帰国後、しばらく日本の新聞社の通訳として働いたあと、アリゾナ大学とハーヴァード大学で極東地域の言語と文学を学ぶ。ほかの邦訳作品に、『ソフィーはとってもおこったの!』(コールデコット賞オナー、評論社)がある

さくまゆみこ : 東京生まれ。出版社勤務を経て現在はフリーの翻訳者・編集者・青山学院女子短期大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • やすらぎ🍀 さん

    私たちの星から光が消えてしまったらどうなるのでしょう。私も消えてしまうのでしょうか。この星が光を失ってしまうと風の声は聴こえるかもしれませんが、空も雲も鳥さえも見えなくなってしまいます。星月夜は微かに照らしてくれますが雨が降ればその光も届きません。消えてしまって一番困るのは誰でしょう。今宵も街の明かりは星屑を見失うほどにきらきらと灯っています。部屋の明かりを消してみてください。目の前の全てが消えてしまいますが何かが見えてくるかもしれません。楽しみも悲しみと共に生きています。地球を大切にしたいと思いました。

  • モリー さん

    何かに興味を持ち、調べて学んで考えること、そして自分の暮らしと結びつけて再考することの大切さに気付かせてくれる素晴らしい絵本だと私は思います。エネルギーの流れを可視化するアイデアは独創的であるだけでなく、美しくて親しみやすく、それでいて様々な個別具体のバラバラな知識に統一的な理解をもたらします。人間は太陽からやってくるエネルギーを活用して豊かな暮らしを実現しています。しかし、その豊かさを維持するには様々な工夫が必要です。どのようにすれば維持できるのか、この絵本を読み合って話し合ってみませんか。

  • たまきら さん

    天と地が来て、光あれ。読みながら旧約聖書を思いました。人々が魅了されたものをつきつめていくと、科学になる気がするからかなあ。時期的なものなのかもしれないけど。

  • どあら さん

    図書館で借りて読了。太陽の光や熱は、人類にとってとても大切なモノ。(4分10秒、高学年向け)

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    太陽の光が、どのようにしてエネルギーを地球に送っているのか、電気ということだけではなく、気象や生態系にも触れているため、シンプルにしただけ解りにくい絵本になっているように思います。 これでも簡略化したのだという、長文のあとがきの解説を読んで、この絵本が少し理解できたように思いますが、思いがこもりすぎだと感じました。 ソーラー発電に特化したなら、一番伝えたいことが見えやすくなったのでは。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モリー・バング

絵本作家。1943年、ニュージャージー州プリンストン生まれ。これまでに40冊近くの絵本を出版し、コルデコット賞、ケイト・グリーナウェイ賞、シャーロット・ゾロトウ賞などを受賞。著書に、コルデコット・オナー賞受賞作『ソフィーはとってもおこったの!』などがある

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品