ムソルグスキー(1839-1881)

人物・団体ページへ

Hi Quality CD 輸入盤

ムソルグスキー:展覧会の絵、ラヴェル:『ダフニスとクロエ』第2組曲、レスピーギ:ローマの噴水 クレメンス・クラウス&ウィーン・フィル

ムソルグスキー(1839-1881)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ATS968
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
Hi Quality CD
その他
:
輸入盤

商品説明

名コンビ、クレメンス・クラウス&ウィーン・フィル。音色が違う、楽器が違う!
『展覧会の絵』『ダフニスとクロエ』『ローマの噴水』


正に高貴、典雅の呼び名が相応しいクレメンス・クラウスとお互いが愛し合ったウィーン・フィルとの共演が高音質UHQCD化。とにかく当時のウィーン・フィルの音色が現在とまるで違います。
 『展覧会の絵』はクラウスが非ナチ化裁判で勝利し公職追放から解放された直後のライヴ。どこか頼りないまでのアンサンブルですがソロ楽器それぞれの味わいは筆舌に尽くしがたく、『キエフの大門』はクラウス自身が手を入れたのではないかと思われるほどの改変が面白いところ。ドイツ・オーストリアが敗色濃厚な1945年3月に合唱団まで投入した『ダフニス』の官能美の極み、『ローマの噴水』のカラフルとしか言いようのない響きと開放的なパワー。危機的状況の中でも高まる芸術への情熱を捉えたドキュメントです。ファン必携の名演奏。(販売元情報)

【収録情報】
1. ムソルグスキー/ラヴェル編:組曲『展覧会の絵』
(1947年12月6日、ライヴ)
2. ラヴェル:『ダフニスとクロエ』第2組曲(1945年3月27日、放送コンサート)
3. レスピーギ:交響詩『ローマの噴水』(1945年3月19日、放送コンサート)

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ウィーン国立歌劇場合唱団(2)
 クレメンス・クラウス(指揮)

 モノラル録音

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ムソルグスキー(1839-1881)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品