CD

ムソルグスキー:『展覧会の絵』、ボロディン:交響曲第2番、他 ラトル&ベルリン・フィル

ムソルグスキー(1839-1881)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCE56025
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ラトル&ベルリン・フィル/展覧会の絵

『展覧会の絵』は、カラヤン以来、『ボレロ』と並んでベルリン・フィルが得意とするレパートリー。
 重厚かつ繊細なこのオーケストラの実力を最大限発揮できる曲。聴き慣れた名曲から新しい魅力を引き出し、新鮮に聴かせることにかけては他の追随を許さないラトルの棒さばきにも注目。スケールの大きい名曲であるにもかかわらず、なぜかこれまで西欧のオーケストラの録音に恵まれなかったボロディンの交響曲第2番も、同曲の決定盤になることは間違いありません!
 定評ある佐伯茂樹氏による充実した解説も魅力!『展覧会の絵』の楽しみ方など、楽曲の聴きどころが満載!クラシック初心者にも楽しめる内容になっています。
 日本盤のみのボーナストラック、「チューニング・サウンド」も是非ご活用ください。(EMI)

・チューニング・サウンド
・ムソルグスキー:組曲『展覧会の絵』(ラヴェル編曲)
・ボロディン:交響曲第2番ロ短調
・ボロディン:だったん人の踊り
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 サイモン・ラトル(指揮)
 録音:2007年12月29-31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

日本盤のみ、臨場感溢れるベルリンフィル公式チューニング・サウンドを収録!
★チューニング音の楽しみ方〜その1★
オーボエが吹くラの音に続き、各楽器がそれに合わせて広がっていくオーケストラのチューニング・サウンド。これを聴くだけで、これから始まるコンサートの期待が高まります。このCDには、ベルリン・フィルがチューニングする音が最初のトラックに収められています。このトラックから再生すれば、貴方もベルリンフィルハーモニーホールの客席にいるような臨場感を味わうことができるでしょう!(EMI)

★チューニング音の楽しみ方〜その2★
最近は、楽器を楽しむ人の中で、オーケストラのCDに合わせて自分の楽器のソロパートを演奏する人が増えていると言います。そんな方は、このCDのチューニング音に合わせてから、曲を演奏すれば音程もバッチリ。貴方もベルリンフィルの一員になった気分で、楽器の音合わせをしてから、ラトルの棒でソロを吹いてみてはいかが?(EMI)

内容詳細

2007年のジルヴェスターコンサート。「展覧会の絵」は、ソロ楽器の見事さはいうまでもないが、全体としては手作りの温かさが感じられる。絵の中のキャラクターが動き出すような生命感に満ちている。ボロディンの第2番も躍動的で引き締まった演奏。(治)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
6
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ボロディン2番がいいですね。決してメジャ...

投稿日:2014/12/31 (水)

ボロディン2番がいいですね。決してメジャーではない、隠れた一大名曲といったところでしょうか。売れ線有名曲をだいたい録音したカラヤンにもこの曲の録音はないようです。このロシアの民俗風味満点な曲が、演奏・録音とも最高で大満足です。この曲のSACD版は、ロイヤルフィルの廉価版以外では、これぐらいしか見あたりません(気づいてないのか、HMVのボロディンのサイトも記載漏れ)。買ってよかったとつくづく思いました。

閑人 さん | 岡山県 | 不明

0
★
★
★
★
★
SACD盤を待っていて良かったと思っています...

投稿日:2013/01/31 (木)

SACD盤を待っていて良かったと思っています。 特にボロディンの2曲をベルリン・フィルで聞きたかった。 アンセルメから聞き始め、固定観念は恐ろしいもので ロシアのオケが一番とスヴェトラーノフの2種、ゲルギエフと聞いてきました。 ラトル・ベルリンはダイナミックで、しかも繊細でキレのある演奏。 ロシア的とは一味ちがいますが、これもボロディン。 弦楽と管楽器のバランスが良い。 さらに気付かなかった音もしっかり聞き取れ、 さすがにベルリン・フィルと唸る録音の良さでした。 将来、このコンビのシングル・リイヤーが再発されると嬉しいと感じました。

masatosdj さん | 宮城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
「展覧会の絵」は所持しているカラヤン/ベルリンフィ...

投稿日:2010/07/24 (土)

「展覧会の絵」は所持しているカラヤン/ベルリンフィル盤と聴き比べたが、ラトルの演奏も以外にベルリンフィルとマッチしている。録音も文句はないしオケの響きも抜群、HQCDと高音質なのが素晴らしい。ボロディンの交響曲も他盤では滅多にお目にかかれない名演だと思います。是非試しに聴いてみて下さい。

音楽連合 さん | 山口県 | 不明

1

ムソルグスキー(1839-1881)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品