ミルドレッド・カントロヴィッツ

人物・団体ページへ

あした、がっこうへいくんだよ 児童図書館・絵本の部屋

ミルドレッド・カントロヴィッツ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566002432
ISBN 10 : 4566002438
フォーマット
出版社
発行年月
1981年09月
日本
追加情報
:
18×18cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Natsuki さん

    初めて学校に行く日の前夜☆彡くまのぬいぐるみウイリーに話しかけるぼくの言葉。それは全て僕自身に向けた言葉。新しい環境に飛び込む前のドキドキ>ワクワク。それは子供でも大人でも同じかもしれない。。。幼い頃のお気に入りのぬいぐるみ。ある時は悩みを分かち合い、ある時は背中を押してもらう。心強い相棒は、自分の心の鏡だったんだなぁ(*´ω`*)

  • かおりんご さん

    絵本。ほんとは自分が学校へ行くのが不安なのに、全部くまのぬいぐるみのせいにしているのが笑えます。だけど、子どもたちにとっては、それだけどきどき不安な場所でもあるんだろうなぁ。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    初めて学校に行く男の子の緊張感が伝わってきます。 最初は、クマのぬいぐるみが登校するのかと思うほど、クマのウイリーに語りかけていましたが、自分自身に言い聞かせていたのですね。 朝になってからの行動には、男の子にスッキリした様子が見られるので、不安は期待に変わったのでしょうか? 学校から帰ってきたら、どんなお話があるのでしょうね。

  • mincharos さん

    来年小学校へ行く息子へ。男の子の強さと弱さがよかったなー。不安だけどがんばらなきゃ!って、自分に言って欲しい言葉をクマのぬいぐるみに言い聞かせてるんだね。息子は上野動物園で1歳のお誕生日に買ったゾウのぬいぐるみをずっと大事にしてたけど、最近はなんでもにーにの真似をしたがる娘に取られちゃってる。この週末に「もうすぐ小学校準備セミナー」なんかを聞きに行っちゃったりして、親の私の方が来年に向けて既にドキドキだよーー

  • mntmt さん

    幼年期との別れ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品