ミヒャエル・h・カーター

人物・団体ページへ

SS先史遺産研究所アーネンエルベ ナチスのアーリア帝国構想と狂気の学術

ミヒャエル・h・カーター

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784864718271
ISBN 10 : 486471827X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
795p;20

内容詳細

学術と妄想が融合するとき“狂乱の科学”の暴走がはじまる!インドゲルマン先史学・ルーン文字・紋章学・北欧神話・チベット探検・宇宙氷説・人種論・遺伝学・ダウジングロッド・秘密兵器開発・強制収容所での凄惨な高空・低温医学実験…ナチス親衛隊(SS)によるアーリア帝国建設のシンクタンクとなった謎の巨大研究組織“アーネンエルベ”の全貌。

目次 : アーネンエルベ協会の創立1935年/ 初期アーネンエルベの学術研究1935‐1937年/ 拡張期のアーネンエルベ1937‐1939年/ 第2次世界大戦までの研究業績‐1939年9月/ 文化政策における警察機能/ ドイツ国境を越えた文化政策/ 戦時下の学術研究/ アーネンエルベの軍事研究/ 戦時中の文化政策の強制的同一化措置/ 危機/ 望んだものと現実

【著者紹介】
ミヒャエル・H.カーター : 1937年、ドイツのツィッタウ生まれ。ハイデルベルク大学で博士号取得後、トロントのヨーク大学で教鞭をとる。現在、ヨーク大学特別名誉教授(歴史学)、カナダ王立協会フェロー。文化的側面からのナチズム研究をおこない、国際的に高い評価を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぞだぐぁ さん

    辞書より厚い大著。よくフィクションのナチスのオカルトネタで使われるアーネンエルベの起こりから滅びるまでを書いた本。元々研究論文を元にしているらしく研究書って感じの文章。流し読みだったけど3日かかった。参考文献だけで170ページ以上ある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品