ミシェル・ウエルベック

人物・団体ページへ

セロトニン

ミシェル・ウエルベック

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309207810
ISBN 10 : 4309207812
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
300p;20

内容詳細

巨大生化学メーカーを退職した若い男が、遺伝子組換え、家族崩壊、過去の女性たちへの呪詛や悔恨を織り交ぜて語る現代社会への深い絶望。世界で大きな反響を呼ぶベストセラー。

著者
ミシェル・ウエルベック (ウエルベック,M)
1958年フランス生まれ。ヨーロッパを代表する作家。98年『素粒子』がベストセラー。2010年『地図と領土』でゴンクール賞受賞。15年には『服従』が世界中で大きな話題を呼んだ。『ある島の可能性』など。

関口 涼子 (セキグチ リョウコ)
1970年生まれ。詩人・翻訳家。訳書に、P・シャモワゾー『素晴らしきソリボ』、J・エシュノーズ『ラヴェル』など。多和田葉子、杉浦日向子など、日本の小説・コミックのフランス語訳も数多く手がけている。

【著者紹介】
ミシェル・ウエルベック : 1958年生まれ。1998年、長篇『素粒子』が大ベストセラーとなり、世界各国で翻訳・映画化される。現代社会における自由の幻想への痛烈な批判と、欲望と現実の間で引き裂かれる人間の矛盾を真正面から描きつづける現代ヨーロッパを代表する作家。小説に『地図と領土』(10、ゴンクール賞受賞)など

関口涼子 : 1970年生まれ。詩人・翻訳家。日本の小説・コミックのフランス語訳も数多く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヘラジカ さん

    『服従』以来の長編最新作。ウエルベックの小説をそこまで読んでいるわけではないが、この作品は登場人物が殊に不快で読み進めるのが苦しかった。序盤で共感したのはカルヴァドスが不当評価されているという文章くらい。前作のように道筋やテーマに明快さがないからというのもあるだろう。最初から不完全な男のグロテスクな恋愛小説として読むなら話は違ったかもしれない。訳者あとがきでも書かれている通り『服従』にショックを受けた読者が期待していたに違いない予言性もあるにはあるが、これはもっと人間性の細を穿った小説だ。でも筆力は流石。

  • 三柴ゆよし さん

    ウエルベックは幾度となく西欧文明の袋小路を描いてきて、ほとんど西欧文明の袋小路しか描いてこなかったともいえる作家だが、にもかかわらず本書では、ウエルベックのヴィジョンは、とうとう袋小路の袋小路に行き着いてしまったのではないか、という寂寥感を与えられる。人生を半ば以上諦めてしまった男たちが、それでも性のゼロサム・ゲームにギリギリしがみつく光景はまっまくなりを潜め、自分を慰める程度の男性能力すら失した今作の主人公フロラン=クロードが逃避するのは、過去の女性たちの記憶とアルコール、飽食と新型の抗鬱剤でしかない。

  • わたなべよしお さん

    ウェルベックは、読了した直後、また最初から読み返したくなる。この本もそうだった。ウェルベック作品が社会を映し出しているとするなら、フランス社会は相当、病んでいる。今回はほぼ救いようがない話だし。まぁ、日本だって他人のことは言えないけどね。とはいえ、西欧社会というものを考えさせられる。当たり前か。

  • garth さん

    「もしかしたらトマス・ディッシュ、SF作家で詩人でもあり、一時は売れっ子だったが今では不当にも忘れ去られているこの作家の小説でだったかもしれない、彼は七月四日に自殺した、彼のパートナーがエイズで死んだからだが、作家としての収入だけでは暮らしていけなくなったからでもあり、この象徴的な日付を選ぶことによって、アメリカでは作家がどのような境遇に置かれるかを証言しようと思ったのだろう」

  • ほいっぷしゅー さん

    キャプトリクスの服用による副作用は性欲の喪失……、ウエルベック作品の主人公が不能になれば、こうなるだろうなという作品でした。結論、犬を飼え。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ミシェル・ウエルベックに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品