ミカエル・エスコフィエ

人物・団体ページへ

もくもくをつかまえた

ミカエル・エスコフィエ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784861013652
ISBN 10 : 4861013658
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
追加情報
:
31

内容詳細

ある日、森でもくもくした雲のようなものをみつけたら、どうする? 連れ帰ってみても、雲は自由気まま。思い通りにならないものとは、どう付き合ったらいいんだろう?
雲との関係は、「人間関係」にも当てはまるかもしれません。

●ミカエル・エスコフィエ/作
1970年フランス生まれ。幼い頃より、書くことへの情熱を持ち、本書のイラストレーターのクリス・ディ・ジャコモと組んで、絵本を出版しはじめる。イマジネーションをかきたてるユニークな絵本を多数発表。日本では、『れいぞうこにマンモス!?』(光村教育図書)が翻訳出版されている。

●クリス・ディ・ジャコモ/絵
パリ在住。パーソンズ・スクール・オブ・デザインで絵画を学んだのち、イラストレーター、グラフィックデザイナー、写真家として活躍している。ミカエル・エスコフィエと組んで多数の絵本を出版している。

●ヨシタケシンスケ
1973年、神奈川県生まれ。日常のなにげないひとコマを描いた絵本、想像をめぐらせた絵本が好評。児童書の挿絵、装画、イラストエッセイなど、多くの作品を手がけている。
『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)で、第6回MOE絵本屋さん大賞第1位、第61回産経児童出版文化賞美術賞などを受賞。本書ははじめての翻訳書となる。

【著者紹介】
ミカエル・エスコフィエ : フランス生まれ、リヨン在住。高校教師であり、作家。80冊以上の絵本を刊行している

クリス・ディ・ジャコモ : 米国生まれ、パリ在住。イラストレーター、グラフィックデザイナー、写真家としても活躍

ヨシタケシンスケ : 神奈川県生まれ。イラストレーター、絵本作家。日常の「なぜ?」「どうして?」を掘り下げたユニークな作風で人気を集める。絵本『もくもくをつかまえた』が初の翻訳書。『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)で第6回MOE絵本屋さん大賞第1位、第61回産経児童出版文化賞美術賞を受賞。『もうぬげない』(ブロンズ新社)で、第9回MOE絵本屋さん大賞第1位を受賞。同書で、ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • momogaga さん

    【大人こそ絵本を】もくもくって何だろう。雲、鳥、宇宙人、UFO等々。その時の心持で変化していきますね。

  • kanata さん

    もくもくは思い通りにいかなくて、でもそばにいると楽しい存在。閉じ込めて自分だけのものにするのも忍びないし、いてほしくないときに限ってやってくる。うまいことつきあっていこう。ある人にとってのもくもくは、あまり仲のよくない知人かもしれないし、別の人にとってはペットかもしれないし、また別の人にしてみれば言うこときいてくれない家族だったりするんだろう。わたしにとってのもくもくは、考えてみたけどピッタリするものが思い浮かばない。

  • ツキノ さん

    (E-341)フランス発、ヨシタケシンスケ訳の問いかけ絵本。「もしきみが、森の中を歩いてて、もくもくした雲みたいなものをみつけたらどうする?」なかなか思い通りにいかない。ストレートに「雲みたいなもくもくしたもの」と捉えてもいいし、友だちや恋人、子どもに置き換えて考えてみてもいい。

  • おーちゃんママ さん

    ヨシタケシンスケさん、翻訳も始めたのですね。

  • mintjam_ さん

    ヨシタケシンスケさん初翻訳とのこと。ユーモラスな展開の中に哲学的な含みをこめた作風は共通してますね。絵がオシャレなところはフランス生まれらしい。 http://milkysunday.blog29.fc2.com/blog-entry-2802.html

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品