マージョリー・ニューマン

人物・団体ページへ

あいしているから 児童図書館・絵本の部屋

マージョリー・ニューマン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566007635
ISBN 10 : 4566007634
フォーマット
出版社
発行年月
2003年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26×29cm,1冊

内容詳細

もぐらのモールくんは、すからおちた小鳥をせわをして、かわいがり、いっしょにくらそうとした。でも、野生の小鳥はペットにならない…。愛することとはどういうことかを語りかける絵本。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おか さん

    あいしているから 側にとどめておきたくなる あいしているから 飛び立たせる、、、とっても単純だけど とっても胸打たれる絵本でした*\(^o^)/* 私も 愛おしい孫達を 抱きしめてばかりいないで いつか この絵本のおじいさんみたいに 良き方向へ 導けるようなおばあさんになろーっと(๑>◡<๑)

  • たまきら さん

    愛しているってどういうことだろう。徐々に色々と考える時期になってきたかな?去年子猫が25匹も来たけれど、かわいくてたまらない子も手放すときに一切泣かなかった娘。「うちは二匹を幸せに飼うのがやっと」ということが理解できた彼女をすごいと思う。たまたまモンスターホテルという最愛の娘を118年城から出さなかったお父さんのアニメを見たので、タイミングも良かったのかな。

  • Shoko さん

    図書館。あいしているから。大好きな相手のことを本当に考える時、どうするべきかに気づくモール。相手のことを思うからこその選択がある、と教えてくれます。「あらいぐまラスカル」を思い出しました。

  • スプーン さん

    再読。恋の束縛に気付く主人公。恋は小我、愛は大我。なかなか愛まではたどり着けない。

  • 小夜風 さん

    【図書館】モールくんは巣から落ちた雛鳥を見つけます。「ぼくのペットだ」と主張しますが、野生の小鳥はペットにはなりません…。本当に愛することは、相手の気持ちを思いやること…小さな子どもにもとても判り易く書いてあって、それでいて説教臭くなく、ストンと胸に落ちてくるのが良いなって思いました。子どもにキラキラネームを名付けたり、ペット扱いしてるような親御さんに読ませたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品