マーク・スペリング

人物・団体ページへ

きっときっとまもってあげる 児童図書館・絵本の部屋

マーク・スペリング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566080034
ISBN 10 : 456608003X
フォーマット
出版社
発行年月
2015年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;28

内容詳細

ぼうやをまもってくれるのはおかあさん。ふたりをまもってくれるのはせんちょうさん。あらしのうみでふねをまもってくれるのはおほしさま。じゃあ、おほしさまをまもってくれるのは?いつもだれかにみまもられてる。

【著者紹介】
マーク・スペリング : 英国生まれ。キャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツ他で学ぶ。ロンドンに住み長い間音楽と作家活動に従事する。現在、生まれ故郷のジュラシック・コーストに住み、野菜を栽培し環境に優しい生活を送っている

レイン・マーロウ : 英国生まれ。大学で美術史とイラストレーションを学ぶ。図書館勤務の間に、絵本の魅力を知り、絵本制作を始める

やまねもとよ : 山根基世。早稲田大学卒業後、NHKに入局。2005年女性として初めてのアナウンス室長。2007年NHK退職後は、地域作りと組み合わせて、子どものことばを育てる活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たーちゃん さん

    息子は男の子がお魚を釣れたことに喜んでいました。最後のオチがとても素敵です。

  • anne@灯れ松明の火 さん

    新刊棚で。誰かが私を守ってくれる。そして、私も誰かを守ってあげる。どちらも素敵なこと♪ ラストのぼうやの満足そうな顔がいい。訳は、元NHKアナウンサーの山根基世さん。

  • 小夜風 さん

    【図書館】いつも誰かが守ってくれる。守られる側の小さな坊やも、何かを守っているんだね。

  • Cinejazz さん

    人生の荒浪を乗り越えて生きていくには、自分ひとりの力だけではどうしようもない事ばかり・・・人間は生まれた時から天国に召されるまで、いつも誰かに見守られている。 遠くからでも、近くにいても、いつも誰かが支えになって、守ってくれている。守られる人、守る人、みんな一緒に生きている・・・この気持ちを忘れずに、日々を生きていくことの大切さを教えてくれる、心にやさしい絵本。

  • もも助 さん

    いつも誰かが守ってくれる、見守ってくれると信じられるだけで、嵐の海さえ怖くない。守られてばかりではなく守る側にもなっているのがいい。男の子の魚を取る網がこんな風に使われるとは思いもよらなかったけど、素敵なラストでした。文字の配列も絵と自然になじむ感じ。読後は安心感に包まれる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品