マーガレット・ワイズ・ブラウン

人物・団体ページへ

おおきなあかいなや

マーガレット・ワイズ・ブラウン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784032014907
ISBN 10 : 4032014906
フォーマット
出版社
発行年月
2001年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26

内容詳細

農場の大きな赤い納屋で暮らす動物たちの穏やかな1日を、あたたかいタッチの絵で描く。幸福感が伝わってくる絵本。幼児向。

【著者紹介】
マーガレット・ワイズ・ブラウン : 1910年、ニューヨークに生まれる。児童書の編集者をへて、20代後半から創作をはじめる。多くのすぐれた画家と組み、42年の短い生涯の間に100冊以上の作品を発表した。幼い子どもの感性に訴える文章に定評があり、『ぼくにげちゃうよ』(ほるぷ出版)、『おやすみなさいのほん』(福音館書店)、『おやすみなさいおつきさま』(評論社)、『いぬおことわり!』(偕成社)など多くの作品が日本でも愛読されている。ゴールデン・マクドナルドの筆名で出した『ちいさな島』(童話館)により、1947年度コルデコット賞を受賞

フェリシア・ボンド : 1954年、日本で生まれ、ニューヨーク、テキサスで育つ。『もしもねずみにクッキーをあげると』『もしもムースにマフィンをあげると』『コブタのポインセチア』(岩崎書店)、『やまあらしぼうやのクリスマス』(グランまま社)などの作品があり、画家のあたたかな愛情がつたわってくる動物の絵が子どもたちの人気を集めている

えくにかおり : 1964年、東京に生まれる。小説家。絵本の翻訳も数多く手がけ、原文のニュアンスをうつくしい日本語にいかした訳で、それぞれの本の魅力をゆたかにひきだしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 魚京童! さん

    いいなー。

  • tiny-candy さん

    (図書館本)大きな赤い納屋で一緒に暮らす動物達のほのぼの平和な様子に癒されます。動物達がとても可愛らしい。

  • mntmt さん

    赤い納屋に広いとうもろこし畑。アメリカンだなあ。小さい子向けだと思いますが、最後のページの良さは、大人向け?

  • ツキノ さん

    三男にはちょっとハードな絵本を読んでいる最中なので、これも借りて来た。マーガレット・ワイズ・ブラウンならではの「視点」がいい。最後の月も。

  • ゆー さん

    「なや」があまりなじみがないと思ったので、いいかなーと思って読んでみたが、なかなかステキな絵本だった。マーガレットワイズブラウンさんだったかー!そして訳は江國香織さん。ステキなはずだ。絵もステキで、なやで暮らす動物たちののびのびした空気が伝わる、ステキな絵本でした。3歳11ヶ月。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品