マルティナ・フロー

人物・団体ページへ

ハンド・レタリングの教科書 スケッチから完成まで、レタリング・デザインのすべて

マルティナ・フロー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766130898
ISBN 10 : 4766130898
フォーマット
出版社
発行年月
2018年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
167p;24

内容詳細

目次 : 第1章 ヴィジュアル・ストーリーテリング―レタリングの定義、カリグラフィやタイプデザインとの違い/ 第2章 文字を見る目―観察の重要性/ 第3章 基本の構造―文字のDNA/ 第4章 道具と使い方―ペン、筆、その他の道具/ 第5章 レタリング・デザインの世界―文字のさまざまなスタイル/ 第6章 構成と装飾―構造、ヒエラルキー、飾りつけ/ 第7章 文字の形をスケッチ―ラフスケッチから完成度の高いドローイングまで、作業に有効なヒントとテクニック/ 第8章 アナログからデジタルへ―レタリングのベジェ曲線化/ 第9章 最後の仕上げ―色とテクスチャー/ 第10章 仕事の現場―プロのレタリング・デザイナーになるには

【著者紹介】
マルティナ・フロー : 生まれ育ったアルゼンチンのブエノスアイレスでグラフィックデザインを学び、イラストレーターおよびアートディレクターとして活動。その後、オランダのハーグの王立芸術アカデミーでタイプデザインの修士課程を修了し、ベルリンで自身のスタジオを設立。レタリングとタイプデザインを専門に、出版社、エージェンシー、個人を含む世界中のクライアントのために、レタリングの制作を行う。注目を集めたオンラインコンペ、Lettering vs. Calligraphyの共同創設者でもあり、他にもポストカードのコレクションLetter Collectionsなど、多くの非営利活動を発案し、創始している

白井敬尚 : グラフィックデザイナー。1961年愛知県豊橋市生まれ。1998年白井敬尚形成事務所を設立。タイポグラフィを軸としたデザインに従事している。2005年より10年にわたりデザイン誌『アイデア』(誠文堂新光社)のアートディレクションとデザインを担当。2012年より武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おめな さん

    学生の頃一時期カリグラフィーにハマったのだが、それ以降趣味になることもなく、数十年が過ぎた。今年になってから、組織の上位概念(ビジョンやミッション)などの支援に携わることがあり、ただ文章として公表するのではなく、人へ訴えかけるにはどうしたらよいか、ということを考えていた。レタリング初心者から上達に至るまでの基礎や道具の選び方などが書かれてあり、一生使えるような良書である。

  • ロバ書房 さん

    カリグラフィーを始めたいと思っていた時に出会った本。必要な道具用品を始め、豊富な種類の書体とその作例が細やかなアドバイスとともに掲載されており、ついうっとり眺めてしまう。書体も古臭くなく、現代的でオシャレなレタリングデザインの教科書。

  • ヱマ。 さん

    些か値は張るが良書である事は間違いない。良い例、悪い例が掲載されており、何が良いか、何が悪いかもしっかりと解説されている。このフォントを違うフォントにしたらどうなるか、どうなっていたか、違うフォントを使うならプランを変更して云々等著者の考えも書かれており、それが大変参考になった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マルティナ・フロー

生まれ育ったアルゼンチンのブエノスアイレスでグラフィックデザインを学び、イラストレーターおよびアートディレクターとして活動。その後、オランダのハーグの王立芸術アカデミーでタイプデザインの修士課程を修了し、ベルリンで自身のスタジオを設立。レタリングとタイプデザインを専門に、出版社、エージェンシー、個人

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品