CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲第2番、トッカータと2つのカンツォーナ、他 イザベル・ファウスト、セドリック・ティベルギアン、ビエロフラーヴェク&プラハ・フィルハーモニア

マルチヌー(1890-1959)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HMA1951951
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

全篇美しいメロディに満ちた
マルチヌーのヴァイオリン協奏曲
イザベル・ファウストが挑戦


東欧諸国からパリに集まった作曲家のグループ「エコール・ド・パリ」のメンバー中、もっとも演奏・録音に恵まれているチェコ出身のボフスラフ・マルチヌー。彼のヴァイオリン協奏曲を、イザベル・ファウストの録音で。急進的な傾向の強い第1番でなく、かのエルマンに捧げられた叙情的な第2番というのも興味深いところ。マルチヌーの作品の中でもとりわけ美しい旋律にあふれ、平和で田園的な世界が続きます。ファウストの美音も冴え、ビェロフラーヴェクのボヘミア的濃厚な伴奏も絶品。マルチヌー観の変るアルバムと申せましょう。
 もうひとつの注目は、ピアノの協奏的作品『トッカータと2つのカンツォン』の独奏をイケメン名手ティベルギアンが務めていること。明るい喜悦性に富んだ曲で、あまり知られていない曲ですが、存分に楽しめます。(輸入元情報)

【収録情報】
マルチヌー:
1. ヴァイオリン協奏曲第2番 H.293
2. 弦楽セレナード第2番 H.216
3. トッカータと2つのカンツォン(ピアノと弦楽合奏のための)

 イザベル・ファウスト(ヴァイオリン:1)
 セドリック・ティベルギアン(ピアノ:3)
 プラハ・フィルハーモニア
 イエジ・ビエロフラーヴェク(指揮)

 録音時期:2006年6月
 録音場所:プラハ、ルドルフィヌム
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

  • 01. I. Andante (Poco Allegro - Moderato/Andante) - Isabelle Faust/Prague Philharmonia
  • 02. II. Andante Moderato - Isabelle Faust/Prague Philharmonia
  • 03. III. Poco Allegro - Isabelle Faust/Prague Philharmonia
  • 04. I. Allegro - Prague Philharmonia
  • 05. II. Poco Andante - Prague Philharmonia
  • 06. III. Allegro Con Brio - Prague Philharmonia
  • 07. Toccata. Allegro Moderato - Cedric Tiberghien/Prague Philharmonia
  • 08. Canzone No. 1. Andante Moderato - Cedric Tiberghien/Prague Philharmonia
  • 09. Canzone No. 2. Allegro - Cedric Tiberghien/Prague Philharmonia

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
チェコ人でありながら異邦人として生涯を終...

投稿日:2017/12/09 (土)

チェコ人でありながら異邦人として生涯を終えたマルティヌーからはコスモポリタンと呼びたくなる色合いをどうしても感じてしまう 民族や文化の残影を曳いていない音楽に出会うのは難しい マルティヌーの音楽からは許された自由を感じる それは開放感を振りまくと同時に不安感を孕んでいる 言い換えれば 浮遊あるいは飛行は無限の可能性を予感させるが上下の別さえなくどこへ着地するか知れない恐怖を纏っている 由って来るところが知れず行き着く果てが見えない宇宙空間に放り出されたような孤独を味わう それはマルティヌーの心そのものだったのではないか だからか あんなに多作だったのでは‥ ここには3楽章からなる三曲が並ぶ 大変に興味深く味わい深い ”セレナーデ”もいくつも書いている ”第2番”は’32年に書かれた三曲の一つで2VnとVaによる小品だが漸進的で美しい ファウストの独奏を得て”第2Vn協奏曲”を聴く 夢幻の淵を辿る旅は終わらない ビエロフラーヴェク&PPの秀演は”トッカータと二つのカンツォーネ”で白眉を迎える ピアノのオブリガードを伴ったオーケストラ曲は決してP協奏曲ではない バーゼルCO創立20周年に献呈された三楽章からは多層民族国家アメリカ的なるものが聞こえ 加速度化して止まらぬ歯車が覗く 堪らなくなって牧歌的なるものの幻影が這い下りてくる だが無機的な風がどこからともなの吹き込む 怖いけれど面白いこの音楽お聴きになっては如何 

風信子 さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
音質はシングルレイヤーCDとしてはトップク...

投稿日:2008/10/25 (土)

音質はシングルレイヤーCDとしてはトップクラスの出来映え。オケは割と小さな編成でありながら(弦は8-6-5-4-3)各パートのディテールを余すことなく捉えており、もっと大きな編成かと思わされるもの。漆黒の背景に静かに深く展開するサウンドステージに、しんしんと浸透していく楽器群の響きは鳥肌ものだ。 特にVn-Conでは極低音のグランカッサが驚くべき鮮明さで捉えられており、これはDSDっぽい音作りである。このグランカッサの風圧をどこまで再現できるかがこのCD再生の一つの鍵と言えよう。もう一つの鍵はVnソロであり、中庸の位置で啜り

MusicArena さん | 神奈川県横浜市 | 不明

2

マルチヌー(1890-1959)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト