CD 輸入盤

ニッポナリ、魅惑の夜、チェコ狂詩曲 ビエロフラーヴェク&プラハ響、ペツコヴァー、リバールスカ、他

マルチヌー(1890-1959)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SU3956
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

マルティヌーが夢見た日本、待望のCD復活

興味津々なマルティヌーのジャポニスム作品。チェコ語訳された和歌に作曲されたもので、1912年(大正元年)の作というのが驚き。16年ほど前に国内盤発売され、朝日新聞の「母と子の試聴室」でとりあげられて話題となったアルバムです(カップリングは微妙に異なります)。ずっと入手困難だったので、大歓迎のCD化。さらにバリトン、混声合唱と管弦楽とオルガンのための『チェコ狂詩曲』が入っているのも嬉しい限りです。(キングインターナショナル)

マルティヌー:
@ニッポナリ H68〜日本の和歌による歌曲集 (1912)
A魅惑の夜 H119〜漢詩による (1918)
Bカンタータ『チェコ狂詩曲』 H118 (1918)
 ダグマル・ペツコヴァー(ソプラノ)@
 リュビツァ・リバールスカ(ソプラノ)A
 イヴァン・クスニエル(バリトン)B
 キューン混声合唱団
 プラハ交響楽団
 イルジー・ビエロフラーヴェク(指揮)

 録音時期:@A1988年9月3-日、B1985年8月30-31日(デジタル)
 録音場所:プラハ、ルドルフィヌム、ドヴォルザーク・ホール

収録曲   

  • 01. MARTINU: Nipponari, H. 68: 1. The Blue Hour (Andante) 00:02:03
  • 02. 2. Old Age (Andante) 00:04:32
  • 03. 3. A Memory (Andantino) 00:02:11
  • 04. 4. Life in Dreams (Andantino) 00:03:14
  • 05. 5. Footsteps in the Snow (Moderato) 00:02:46
  • 06. 6. A Look Back (Largo religioso) 00:04:06
  • 07. 7. By the Sacred Lake (Grave) 00:02:16
  • 08. Magic Nights, H. 119: 1. In a Foreign Land (Adagio) 00:04:54
  • 09. 2. Untouched by Spring (Adagio lugubre) 00:04:36
  • 10. 3. The Mysterious Flute (Andante sostenuto) 00:05:41
  • 11. Czech Rhapsody, H. 118 00:36:11

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
3作品とも、マルチヌーの比較的初期に作曲...

投稿日:2012/08/05 (日)

3作品とも、マルチヌーの比較的初期に作曲されたもの。後期に比べ、ロマン派的な影響が見られ、旋律美を堪能できます。「ニッポナリ」をはじめて知ったときは、和歌を題材にしているということに大変驚きました。曲自体は、日本的というよりは、単純にオリエンタル風味なしぶいものです。「魅惑の夜」も同様の雰囲気を備えた味わい深い作品。東洋の独特な静けさを想像しながら聴いてみるといいかもしれません。最後に収録されている、たっぷり30分以上の「チェコ狂詩曲」は、マルチヌーがスメタナ賞を受賞し、作曲家デビューのきっかけとなった作品。とにかく壮大で、雄々しいこの曲は、オーケストラ・合唱・独唱・オルガンという大規模な編成で、巧みなオーケストレーションはマーラーをも彷彿とさせます。特にフィナーレは涙を誘うかのごとくドラマティックで、大きな満足感とともに締めくくります。

ブルノのおっさん さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
日本と中国を題材としてはいるものの、オリ...

投稿日:2009/05/31 (日)

日本と中国を題材としてはいるものの、オリエンタル風味には何となく乏しい気も。一方、ボヘミアしているのでそれなりに面白い。演奏は普通に良い感じ。

小田春永 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
「ニッポナリ」は日本を題材にした曲ながら...

投稿日:2009/02/16 (月)

「ニッポナリ」は日本を題材にした曲ながらチェコらしい弦の美しさが強い出た素晴らしいもの。歌はやはり民族色が濃厚です。感動したのは「チェコ狂詩曲」。続けて5回連続で聞いてしまいました。力強さが表に出た民族色濃厚の1曲。この勢いの良さには脱帽。痺れます。決して優秀録音とは言えないけどアナログ時代の録音の良さを思い出させてくれます。中域が充実、音楽のおいいしい所が味わえる。新録物の優秀録音とは?ワイドレンジ、解像度って一体何か?と思わせます。

慎みましょう さん | 東京都板橋区 | 不明

0

マルチヌー(1890-1959)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品