マルクス・ガブリエル

人物・団体ページへ

世界史の針が巻き戻るとき 「新しい実在論」は世界をどう見ているか[PHP新書]

マルクス・ガブリエル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569845944
ISBN 10 : 4569845940
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
230p;18

内容詳細

「新しい哲学の旗手」「天才哲学者」と称され、世界中から注目を集めているマルクス・ガブリエル。
200年以上の歴史を誇るドイツ・ボン大学の哲学科・正教授に史上最年少で抜擢された、気鋭の哲学者だ。
彼が提唱する「新しい実在論」は、「ポスト真実」の言葉が広がり、ポピュリズムの嵐が吹き荒れる現代において、「真実だけが存在する」ことを示す、画期的な論考とされる。

本書は、今世界に起こりつつある「5つの危機」を取り上げる。
価値の危機、民主主義の危機、資本主義の危機、テクノロジーの危機、そして表象の危機……激変する世界に起きつつある5つの危機とは? 
そして、時計の針が巻き戻り始めた世界、「古き良き19世紀に戻ってきている」世界を、「新しい実在論」はどう読み解き、どのような解決策を導き出すのか。

さらに、2章と補講では「新しい実在論」についての、ガブリエル本人による詳細な解説を収録。
特に補講では、ガブリエルが「私の研究の最も深部にある」と述べる論理哲学の核心を図解し、なぜ「世界は存在しない」のか、そしてなぜ「真実だけが存在する」のかに関する鮮やかな論理が展開される。
若き知性が日本の読者のために語り下ろした、スリリングな対話と提言を堪能できる1冊。


第1章 世界史の針が巻き戻るとき
第2章 なぜ今、新しい実在論なのか
第3章 価値の危機――非人間化、普遍の価値、ニヒリズム
第4章 民主主義の危機――コモンセンス、文化的多元性、多様性のパラドックス
第5章 資本主義の危機――コ・イミュニズム、自己グローバル化、モラル企業
第6章 テクノロジーの危機――「人工的な」知能、GAFAへの対抗策、優しい独裁国家日本
第7章 表象の危機――ファクト、フェイクニュース、アメリカの病
補講  新しい実在論が我々にもたらすもの


《著者情報》
マルクス・ガブリエル(マルクスガブリエル)
1980年生まれ。史上最年少の29歳で、200年以上の伝統を誇るボン大学の哲学科・正教授に。西洋哲学の伝統に根ざしつつ、「新しい実在論」を提唱して世界的に注目される。また、著書『なぜ世界は存在しないのか』(講談社選書メチエ)は世界中でベストセラーとなった。NHKBS『欲望の資本主義』シリーズへの出演で話題に。他著書に『「私」は脳ではない』(講談社選書メチエ)、『新実存主義』(岩波新書)、『神話・狂気・哄笑』(S・ジジェク他との共著、堀之内出版)など。

【著者紹介】
マルクス ガブリエル : 1980年生まれ。史上最年少の29歳で、200年以上の伝統を誇るボン大学の正教授に抜擢される。西洋哲学の伝統に根ざしつつ、「新しい実在論」を提唱して世界的に注目される

大野和基 : 1955年、兵庫県生まれ。大阪府立北野高校、東京外国語大学英米学科卒業。79〜97年渡米。コーネル大学で化学、ニューヨーク医科大学で基礎医学を学ぶ。その後、現地でジャーナリストとしての活動を開始、国際情勢の裏側、医療問題から経済まで幅広い分野の取材・執筆を行う。97年に帰国後も取材のため、頻繁に渡航。アメリカの最新事情に精通している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミッキー・ダック さん

    役に立つ哲学を標榜、新実在論を武器に、現代の四つの危機、価値観・民主主義・資本主義・テクノロジーの危機を解明し対策も提案。それぞれの危機に対する見解は理解できるが新実在論との繋がりは分かり難い。◆結論的には、四つの危機の原因は表象の危機。表象やイメージは芸術を除き、必ず対象としている現実に照らし真偽あるいは正確不正確があるが、我々が表象やイメージを現実と混同しているため、一部の人間に操作されているからだと。◆普遍的な価値は、全ての人間の幸福であり人間性の向上。政治も経済も学問もこれを目指すべきだと。

  • Tenouji さん

    なんとなく、今まで避けてきたマルクス・ガブリエル。読んでみたら、とても良かった。人間の認識範囲をモデルとした実在論に立脚し、その視点での事実から倫理を説くというスタイル。「倫理」というのが良くて、経済合理性や、行動経済学の効率性も、批判することが出来るw。記号論・システム論的な実在論で、リベラルのきれいごとにも陥らずにすんでるのかな。ちょっと追っかけてみたい感じ。

  • 冬佳彰 さん

    出張中に読了。評判なのは知っていたが初めて読んだ。新しい実在論ってことで、ふむ、評判になる理由がぼんやりと分かった気がする。相対論とか構造主義とか、それらが作り出した考え方や雰囲気に疲れてしまった人々には救いかもしれない。資本主義を倫理でアップデートして、倫理資本主義を作るってのも面白かった。トランプに対するある種の評価も新鮮ではあった。あれが?と思うとあまり救いではないが。インタビューを文字起こししたと言うことで、ロジックが飛んでいるような箇所もあるが、入門としては良いんだろうな。別のモノも読むかな。

  • hiroizm さん

    著者とはNHKのドキュメンタリー「欲望の資本論」での出会いから足掛け2年、超難しい岩波新書の「新実存主義」を無理して読んで、こうなりゃトコトンと思って読書。これは日本一般読者向けのインタビュー書き起こしとあって、岩波にくらべて数段わかりやすいのがいい。また著者が人間の尊厳と倫理の重要性を高らかに語っているのも個人的には大変安堵。日本、GAFA、トランプ評もおもしろいが、アメリカ社会評が興味深かかった。でもこの危機意識、響かない人が多そうなのが厄介。ビールバーのネタにするには難易度高し。

  • はる坊 さん

    正直に言うと、途中で見失いガブリエルさんの主張や考えをしっかり理解出来なかった。 新しい実在論というのことで、世界は存在という主張を打ち立て、その論理は分かったが、それをベースにした5つの世界の危機について、話についていけなかった。 中々断定的に切り捨てる意見も多く、現在読んでる別の本と対立する部分もあるが、こういう見方があるのかと参考にはなった。 読み直す時別の感想になっていそうな気がするので、間を置いて再読したいと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品