だれの うんちが せかいいち? 児童図書館・絵本の部屋

マリー・パブレンコ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566080904
ISBN 10 : 4566080900
フォーマット
出版社
発行年月
2023年04月
日本
追加情報
:
32p;29

内容詳細

あるはれたひ、リスがネズミにいいました。「せかいでいちばんすてきなうんちしちゃった」ほそながいはっぱのうえには、まめつぶみたいなうんちがひとつ。「そりゃ、ちがう。ぼくのうんちがせかいでいちばん!」と、ネズミがいって、「あたしの!」「おれの!」「このわたしだ!」と、つぎつぎにどうぶつたちがあつまってきます。さて、せかいいちすてきなのはだれのうんちでしょうか―。

【著者紹介】
マリー・パブレンコ : フランスの作家。リール生まれ。ソルボンヌ・ヌーベル大学で現代文学を学んだのち、リールでジャーナリズムを学ぶ。15年間、ジャーナリストとして活躍し、2010年に、脚本(テレビ、映画、コミック)や小説を執筆しはじめる。2020年にEt le d´esert dispar^itraが、フランス文学者協会が選ぶ、その年もっともすぐれたYA小説として、大賞を受賞

カミーユ・ガロッシュ : フランスのイラストレーター、絵本作家。若手ながら、すでに30冊以上の児童書を手がけている。幼年期をフランス南西部ですごしたのち、セルジーとパリの美術学校でグラフィックアートを学ぶ。2006年に、エルメスにイラストを提供。テディベアで有名なぬいぐるみブランド、シュタイフにも数多くのイラストを提供している

おがわひとみ : 英米の絵本を中心に翻訳家として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    3年生朝の読み聞かせ。「みんなの好きなぁ〜」とタイトル紹介で爆笑。さわやかな朝からうんちです(笑) 小さな動物のうんちから順に大きな動物のうんちになっていくのですが、それだけでは終わらない。オチもしっかり笑ってくれました。

  • あおい さん

    ネズミ、リス、イタチ…いろんな動物のうんち自慢。「世界一素敵なうんちをするのはこのわたしだ!」なんて言うオジカが無駄に神々しくて好きです。素敵なうんちの基準はよくわかりませんが… オチもしっかりついてます。絵も綺麗。

  • 遠い日 さん

    うんちの違いで、その生態や食性などに触れるのかと思ったら、うんちを自慢するだけして、動物たちを狙った猟師の大失態をこれでもかと描く結末に、にやにやしていいのかどうなのかととまどいつつ、とりあえずにやにやしておきました。でも、誰のうんちが世界一なのかはわたしにはわかりませんでした。

  • 清掃員·D さん

    図書室新規購入 今回は、うんちが気に止まり、何冊か 物語性もあって楽しい

  • がらす さん

    「自分のうんちが世界一すてき!」と張り合う動物たち。そこに猟師がやってきて……。繊細で美しい絵とテーマのギャップがなんともシュールな絵本です。猟師が気の毒に思えて読後感はあまり良くないかな……。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マリー・パブレンコ

フランスの作家。リール生まれ。ソルボンヌ・ヌーベル大学で現代文学を学んだのち、リールでジャーナリズムを学ぶ。15年間、ジャーナリストとして活躍し、2010年に、脚本(テレビ、映画、コミック)や小説を執筆しはじめる。2020年にEt le d´esert dispar^itraが、フランス文学者協会が

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品