ゴッドファーザー 下 ハヤカワ文庫NV

マリオ・プーズォ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150411008
ISBN 10 : 415041100X
フォーマット
出版社
発行年月
2005年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,433p

内容詳細

ニューヨーク五大ファミリーを巻きこんだ全面戦争は、コルレオーネ家の長男ソニーの死によって終結した。ドン・コルレオーネはシシリーに潜伏していた三男マイケルを呼び戻す。やがてファミリーの後継者となったマイケルは、ドンが死を迎えると直ちに壮絶な復讐戦を開始した…アメリカを陰で支配する巨大組織マフィア。現代社会が喪失した血縁と信頼による絆がそこにはある。愛と血と暴力に彩られた壮大なる叙事詩。

【著者紹介】
マリオ・プーヅォ : 1920年ニューヨーク生まれ。第二次世界大戦に従軍した後、コロンビア大学などで学ぶ。1969年発表の『ゴッドファーザー』は世界中でベストセラー。その後も、ベストセラーを次々と発表。また脚本家として二度のアカデミー賞を受賞した。1999年7月に、心不全のためロングアイランドの自宅にて死去

一の瀬直二 : 1923年生、1957年早稲田大学英文科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
映画の印象があまりに強く読むたびに、Marl...

投稿日:2013/01/24 (木)

映画の印象があまりに強く読むたびに、Marlon Brando や Al Pacino の顔が自動的に頭の中にイメージされてしまうが、本も映画もどちらも素晴らしいのでまったく問題なし。読む以上に語る言葉が思い浮かばない名作。

build2destroy さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遥かなる想い さん

    下巻も懐かしいシーンが続く。 暴力と家族愛に溢れたこの物語.. 非情なまでの組織の長としての マイケルの成長は 当時のひとつのアメリカ の姿だったのかもしれない。長男ソニーの死、 マイケルのシシリーでの出会いと別れ、 そしてヴィトーの死.. 数々のシーンが鮮明に蘇るが 落ち着いて原作を 読むと映画とは違う懺悔の風景が見えてくる 気がする..そんな読書だった。

  • ケイ さん

    映画でもそうだが、冒頭の結婚式には少し浮いて見える無邪気な明るいカップルの二人が、一人は家族への愛から、一人は男への愛から、決心してその身を投じていく凄みがこの作品を只ならぬものにしていく。映画のキャストでは、役者の美醜が登場人物の雰囲気を左右するものだと思う。映画で見ているより、ケイは美しくシャープに、トムはハンサムでかげのある男のイメージが強くなった。マフィアの美をこれだけ描けた作品が他にあるだろうか。

  • 扉のこちら側 さん

    2016年957冊め。【227-2/G1000】読み始めたころは息をもつかせぬ展開で5マフィア抗争が描かれるのかと思っていたが、作中時間も年単位で経過していく。上巻の冒頭ではまだ影を感じさせない彼らが、こんな結末へと向かって行くことになっていたとは。裏社会の絆というものにほの暗い憧れを持ってしまう魅力ある作品だ。

  • セウテス さん

    〔再読〕非合法な裏の社会の世界観を描いてはいるのだが、その根底に流れるのは血の繋がりと信頼で成り立つ、現代社会が薄らいだ人間くさい独特な関係だ。たしかにその物語は、魅力的で行動的で家族愛に満ちているからこそ、読み易いし感情も入りやすいのだろう。そういう意味では、人間らしい物語なのかも知れない。しかしどんなに繋がりが深くとも、どんなに家族を守るためであっても、赦されない行為は在るのだと伝わるのも確かだ。また本作は、暴力的な物語の展開の背景に、様々な普通の人の物語が関わっている事も、原作ならではの驚きがある。

  • みやこ さん

    上巻は家族の物語。そして下巻は復讐の物語。揺るぎない絆がある一方で、肩を抱き合った仲間を弾く裏切りがある。愛には愛を。忠誠には報酬を。裏切りには死を。彼らの棲まう世界は、かくも厳しくかくも公平だ。水面下で秘密裏に進行した復讐への準備。軽んじられてはならない面子。守るべきは家族。組織。総括しての「ファミリー」。決して感情的になることなく、機を逃さず、誰もがその力量を認めざるを得ない事を成し遂げて「ゴッドファーザー」の称号を継承したマイケル。ケイの祈りが彼の誇り高き血塗られた道に光を導いてくれることを願う。→

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

マリオ・プーズォに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品