偽情報と独裁者 SNS時代の危機に立ち向かう

マリア・レッサ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309231297
ISBN 10 : 4309231292
フォーマット
出版社
発行年月
2023年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
竹田円 ,  
追加情報
:
368p;20

内容詳細

各界著名人・各紙誌絶賛!英国『ガーディアン』紙ブック・オブ・ザ・イヤー。「私の国で起きていることは、いずれ世界のほかの国でも起きる」ノーベル賞ジャーナリストの警告!!

目次 : 序章 透明な原子爆弾―(過去のなかのいま)この時を生きる/ 第1部 帰郷―権力、プレス、フィリピン 一九六三〜二〇〇四年(黄金律―学ぶという選択をせよ/ 倫理規定―線を引け/ 信頼の速度―鎧を外せ/ ジャーナリズムの使命―正直になれ)/ 第2部 フェイスブックの台頭、ラップラー、インターネットのブラックホール 二〇〇五〜二〇一七年(ネットワーク効果―着実な一歩が重大な転機につながる/ 変化の波を起こす―チームを作ろう/ 友達の友達が民主主義を駄目にした―速くではなく、ゆっくり考えよう/ 法の支配が内部から崩れる仕組み―沈黙は共謀と同じ)/ 第3部 弾圧―逮捕、選挙、私たちの未来を懸けた戦い 二〇一八年〜現在(無数の傷を生き延びて―善を信じよう/ モンスターと戦うためにモンスターになるな―恐怖を受け入れよう/ 一線を死守する―殺されないかぎり、あなたは強くなれる/ なぜファシズムが勝利をおさめつつあるのか―協力、協力、協力)

【著者紹介】
マリア・レッサ : フィリピンのジャーナリスト。米国CNNのマニラ支局とジャカルタ支局の開設・運営などを経て、2012年にニュースサイト「ラップラー」を共同で創設。ロドリゴ・ドゥテルテ政権(当時)の強権政治に対して調査報道にもとづいた批判を行い、弾圧にも屈しない姿勢を貫いたことで世界的に注目される。2021年、ユネスコ/ギレルモ・カノ世界報道自由賞、ノーベル平和賞を受賞

竹田円 : 翻訳家。東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 踊る猫 さん

    これはまさに『1984』の世界だ。過去から今が決まるのではなく、今に都合がいいように過去が書き換えられるデタラメな政治状況(特にFacebookに代表されるオンラインの情報戦)の様子がつぶさに記される。もちろんそんな「フェイク」に屈することは民主主義を手放すことにもつながるが、厄介なのは私が依拠する情報ソースこそそんな「フェイク」を含みうるネットそのものであるということ。ゆえに見極める目を養い、冷徹な思考と同時に熱い怒りを持ち続けることが大事になってくる。そう読むと実にこの本はホット。民主主義を守るために

  • takao さん

    ふむ

  • 三原城の守り人 さん

    AAA

  • Oki さん

    今のところ日本には、ドゥテルテ、プーチン、トランプといった、核になるような人間はいない。 しかし、戦前の日本は核になるような人間がいなくても変な方向に行ったから油断はできない。 フェイスブックのニュースフィードは危険なアーキテクチャーだとは思っていた。

  • 夢仙人 さん

    権力者に対抗するフィリピンの女性ジャーナリストの活動の記録。マリア・レッサ。ノーベル平和賞受賞。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マリア・レッサ

フィリピンのジャーナリスト。米国CNNのマニラ支局とジャカルタ支局の開設・運営などを経て、2012年にニュースサイト「ラップラー」を共同で創設。ロドリゴ・ドゥテルテ政権(当時)の強権政治に対して調査報道にもとづいた批判を行い、弾圧にも屈しない姿勢を貫いたことで世界的に注目される。2021年、ユネスコ

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品