マリア・シビラ・メーリアン

人物・団体ページへ

Butterflies マリア・シビラ・メーリアン作品集

マリア・シビラ・メーリアン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766131536
ISBN 10 : 4766131533
フォーマット
出版社
発行年月
2018年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
189p;19

内容詳細

本書は、ジョージ3世が購入したロイヤル・コレクション所蔵作品を通して見る、マリア・シビラ・メーリアンの物語である。同コレクション所蔵品の多くは『スリナム産昆虫変態図譜』の図版の豪華版で、一部は印刷、一部は羊皮紙にメーリアン自身が手描きしたもの。制作から300年以上の時を超えて、これら精確で鮮やかな美しさを放つ作品の数々は、今日なお世界的に注目を集めるひとりの女性の情熱的な生涯を、誇らかに語ってやまない。

目次 : はじめに/ メーリアンの蝶たち/ ヨーロッパ/ スリナム/ 作品目録/ 出典/ 謝辞

【著者紹介】
ケイト・ハード : ロイヤル・コレクション・トラストの絵画・印刷物シニア・キュレーター。Journal of the History of Collections副主幹(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 麻衣 さん

    虫ぃぃ〜。なんでわたし虫苦手なのにこれ買うてしもたんや。あんまりにも美麗で繊細すぎる細密画たち。あんまりだよ。内容はぜんぶ虫&爬虫類。ふーっ!どんだけページめくってもめくってもめくってもリアルに芋虫すぎて、触るのがいやで手ぺぺぺぺぺぺぺぺぺってしちゃった。でもこれは女性昆虫学者兼画家によるすばらしい研究で、時代も三百年以上前のもので、学問的価値がものすごいんだ。虫ぃぃ、、虫大丈夫なひとには200%全力でおすすめしたいです。今この虫’sを本棚に迎えるか売るかで悩んでる。本気(;;゚;ω;゚;;)

  • カムイ さん

    昆虫と植物の細密画、綺麗な絵本から飛び出して来そうでずーと見ても飽きませんでした。

  • zoe さん

    その昔、研究者たるものは、観察記録を忠実に伝えるために、絵画もすこぶる上手くなければならなかった。幼虫〜サナギ〜蝶が一度に一本の植物の上にいることは無いのだから、単純な記録ではないのだけれど。むしろ一枚の絵の中になるだけ情報を詰めて、皆に伝えたいという気持ちが伝わってくる感じです。

  • kyhitsuji さん

    300年前に存在した女性昆虫画家マリア・シビラ・メーリアンの作品集。文章は少なく絵が目一杯載ってます。昆虫以外に蛇や蛙、イグアナも。 宝石のように昆虫の変態を描く画家です。現実の昆虫はあまり好きではないですがメーリアンの描く昆虫は何だか愛らしい。暇さえあれば眺めている。

  • さくは さん

    植物と昆虫が一緒に描かれた美しいカラー図譜。17世紀、メーリアンは蝶や蛾の変態を研究・観察し、絵を描いて図版を出版した。南米スリナムでフィールドワークを行い、植物や昆虫、その他の動物を描いている。正しい宿主植物の上で昆虫の変態を描いた彼女の表現は画期的だったという。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品