マット・デ・ラ・ペーニャ

人物・団体ページへ

LOVE すべてはあなたのために

マット・デ・ラ・ペーニャ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566080416
ISBN 10 : 4566080412
フォーマット
出版社
発行年月
2018年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
40p;27

内容詳細

小さなよろこびのなかにも、大きな悲しみのなかにも、海べにも、町にも、野原にも、人びとのくらしがあるところなら、どこにでも愛がある…うつくしい言葉とイラストで、かわらぬ「愛」のかたちをうたいあげます。

【著者紹介】
マット・デ・ラ・ペーニャ : アメリカ、カリフォルニア州生まれの作家。パシフィック大学を卒業後、サンディエゴ州立大学で創作を学ぶ。絵本『おばあちゃんとバスにのって』(鈴木出版)で2016年のニューベリー賞を受賞

ローレン・ロング : アメリカ生まれの画家。ケンタッキー大学でグラフィック・デザインを学ぶ

小川仁央 : 英米の絵本を中心に活動する翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    どんな時に「愛」ということを感じるのだろうか? この絵本に描かれている情景は美しくて、それぞれに「愛」を語っているのですが、あまり感情移入できないのが残念です。  愛を語る統一的な存在が見あたらないので、散漫になっていることも残念です。 意外と難解な作品でした。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    この世に生を受けた時から愛に包まれている。どんな時も、離れていても、目に見えなくても…。哲学的な絵本と言えばいいのでしょうか?

  • ケニオミ さん

    英語圏では「Love」という言葉を気楽に使っていますが、どうやら、そのノリでの愛の定義を語っているようです。巷にありふれた愛。ちょっと僕には違和感ありかな。

  • 遠い日 さん

    どんなシーンにも「愛」が存するのは、あなた自身が、そしてわたし自身が、「愛」という存在だからか。ちょっと哲学的な問いかけも含めて、生きることへの静かで力強いエールを感じる。

  • けいねこ さん

    『おばあちゃんとバスにのって』の作者の作品ということで借りてみた。愛を感じさせるさまざまな光景が綴られている。さまざまな家族が描かれることで、そのなかのどれかには自分に近いものを見つけることができるかもしれないし、世界の多様性を感じることもできるだろう。ただ、ある程度歳のいっている子でないと、むずかしいかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マット・デ・ラ・ペーニャ

ニューヨーク在住の作家。創作執筆コースで後進の指導に当たっている。『おばあちゃんとバスにのって』(鈴木出版)でニューベリー賞、コールデコット賞オナー賞受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品