ランパンパン インドみんわ 児童図書館・絵本の部屋

マギー・ダフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566002814
ISBN 10 : 4566002810
フォーマット
出版社
発行年月
1989年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21×26cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yomineko@猫と共に生きる さん

    インド民話。「ランパンパン」は太鼓の音です。大変だ😨😨😨クロドリの奥さんが王様に攫われた!!!取り戻すべく立ち上がり、武装したクロドリの旦那様、絵がキョロちゃんソックリで、すみません、笑っちゃいました!!!途中で猫、あり、木などが加勢してくれ、宮殿の門に着いたものの、門番に「こんなおかしなものを見たのは初めてだ」と一笑に付されてしまうキョロちゃん。いや、クロドリの旦那様。王様は始末しようと色々な策を練るが、加勢してくれた仲間はクロドリの旦那様を助け、王様は散々な目に遭う(笑)

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    ランパンパン ランパンパン♪ インドの民話なんですって。とっても不思議なお話でした。■絵の色使いや 生き物たちの表情や動き、景色も建物も、生き生きとして 少しコミカルで素敵です。■風物も生き物もエキゾチックで 不思議な事が次々に起こって 民話らしい楽しさにあふれた絵本でした( ' ᵕ ' )

  • mug さん

    娘のおすすめ本。 王様に 奥さんを攫われたクロドリが 宮殿へ助けに行く、という インドの民話。 がっちりと武装して、王様のもとへ。 「ランパンパン ランパンパン ランパンパンパンパン」 道中 仲間が一人増え、二人増え、 桃太郎みたい💡と思っていたら… ん? 耳の中?? ファンタジー要素が濃くて、 楽しい驚きでした😆

  • かおりんご さん

    読み聞かせ(123)いろんなものが鳥の耳に入っていくのが、面白かったようです。ランパンパンというリズムも心地いい感じ。繰り返し表現は、子供のうけがいいですね。

  • 鱒子 さん

    図書館本。読友さんの感想で読みたくなった一冊。とても素敵な絵本でした♪ 王様の身勝手で、にょうぼうをさらわれたクロドリが、奪還を誓います。装備を整えたクロドリの絵が素晴らしく良いです!「ランパンパン」と鳴らす闘いの太鼓の音色ーー音が聞こえる気がする絵本です。私には甲高い太鼓の音が聞こえました♪

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品