ボフミル・フラバル

人物・団体ページへ

わたしは英国王に給仕した 河出文庫

ボフミル・フラバル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309464909
ISBN 10 : 4309464904
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
325p;15

内容詳細

百万長者を夢見てホテルの給仕見習いとなったチェコ人の若者。出世しながら高級ホテルを転々とし、戦時中はナチスの施設で給仕を務め、やがて念願叶って巨万の富を得るが―。時代のうねりの中で成り上がっていく男の人生にふりかかる、シュールでグロテスクな悲喜劇の数々!奇想天外な語りが炸裂する、物悲しくも可笑しい東欧文学の大傑作。

【著者紹介】
ボフミル・フラバル : 1914年ブルノ(現チェコ共和国)生まれ。プラハ大学で法律を学び博士号を取得するも、法律の道には進まず、駅員、訪問販売員、劇場の裏方など様々な職を転々とする。63年に短編集『水底の小さな真珠』でデビューし一躍チェコの代表的な作家となる

阿部賢一 : 1972年東京生まれ。東京外国語大学、カレル大学、パリ第4大学に学ぶ。東京大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヘラジカ さん

    全集を集めていたとき買いそびれていた作品なので文庫化を機に購入。珍奇なエピソードの数々が、圧されるくらいの勢いでひたすら語られていく。南米文学によく見られる饒舌さ。長編小説というよりも章ごと表題作を持つ掌篇集のようだ。油断してると話が終わったのを認識せぬまま次の思い出が始まってしまうため、語り口の軽快さの割には物量を感じる。内容もポップだったりロマンティックだったりする一方、エロティックなものやブラックなものまで様々あるので、疲労はあっても全く飽きさせない。流石は池澤世界文学に選出されただけある。傑作。

  • 三柴ゆよし さん

    これはとんでもない。労働とお金儲けをスラップスティックな語り口で描く前半は基本的には笑って読めるが、中盤以降、ある歴史的事件を前にした語り手の選択と行動により、ギョッとするような不穏さグロテスクさが物語の後景となり、最後にはなんとなくほっこりとした孤独のうちに自閉していく。饒舌な語りはたしかにだれか不特定の聞き手を想定したものだが、最後まで読んだ読者は、彼の全体像が近づいてくるというよりもむしろ遠退いていくように感じるのではないか。終始にこやかなのに目はまったく笑っていない系の怖さをおぼえる小説だった。

  • zirou1984 さん

    文庫版で再読。初読時にも圧倒された、矢継ぎ早に繰り出される破茶滅茶なエピソードの数々はやはり格別に面白く、語りの力に圧倒されてしまう。しかし改めて読んで思ったのがドイツ占領時のチェコにおける、主人公の所謂「名誉白人」的に独側と同化しようとした立ち位置の危うさと不穏さ。それは牧歌的世界観に緊張と葛藤という裂け目を生じさせ、本書のタイトルにもアイロニーが含まれていたのだと気づかせる。終盤における達観した眼差しに戸惑いながらも、やはりとんでもない傑作だという読後感は揺るがない。フラバルの作品は本当に最高だ。

  • ネムル さん

    再読、あらためて傑作と思う。激動の時代を前に己を陶冶する健全な教養小説はもう古く、ドイツ・ソ連と大国に挟まれた小さなチェコの、悪夢的で韜晦を思わせる教養は「お前は何も見ないし、何も耳にしない。でも、お前はありとあらゆるものを見なきゃならないし、ありとあらゆるものに耳を傾けなきゃいけない」だ。このルールを課した小人の語りは酔いどれの如く際限がなく視覚情報たっぷり(特に一章の水車に舞うパンツ回収ババアが最高)で、苦手なひとも多そうだが、なんの水(麦酒?)があうのか夢中で読んでしまった。

  • 音姫 さん

    ナチス保護領から共産主義へ移行したチェコを舞台に、給士人から百万長者、道路工夫と歴史に翻弄された男の人生を描く。シュールで波乱なエピソードは「何が人を動かし、人は何を信じるのか、自分がたどる道はどうあるべきか」共通するテーマが。仏文学教授との出会いで、予期せぬうちに終わってしまう目指した道の無意味さ、失敗の経験を重ねることで人間を満たすもの、孤独から逃れたい欲求は徐々に変化。美学とは何かを模索しはじめる。18日間で書き上げた普遍的な問い。作者が願ったように、間違いなく読み続けられ古典になるだろう1冊。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品