ペンギンは、ぼくのネコ

ホリー・ウェッブ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784198639822
ISBN 10 : 4198639825
フォーマット
出版社
発行年月
2015年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
179p;22

内容詳細

アルフィーは3年生の男の子。「ペンギン」という名前のネコを飼っています。体の模様がペンギンそっくりなネコです。アルフィーとペンギンはいつも、となりのおばあさんの家の庭にこっそりもぐりこんで遊んでいました。ところが、おばあさんの孫のグレースが越してきて、「うちの庭で遊んでいるペンギンは、あんたのネコじゃない」と言います。そんなある日、ペンギンがいなくなり、ふたりでさがすことになって…? ほのぼのとした児童文学。

【著者紹介】
ホリー・ウェッブ : 英国の児童文学作家。1976年生まれ。大学でラテン語、ギリシア語、古典文学を学ぶ。英国の児童書出版社スコラスティック社で編集者として勤めた後、作家として活躍。多くの作品が、英語圏のみならず、世界じゅうで人気を博している

田中亜希子 : 千葉県生まれ。東京女子大学短期大学部英語科卒業。現在、翻訳をしながら、絵本の読み聞かせ活動も行っている

大野八生 : 千葉県生まれ。園芸好きの祖父のもと、幼い頃から植物に親しむ。植物に携わるさまざまな仕事を経て、庭をつくる仕事へ。造園会社退社後、それまで描きつづけてきたイラストと植物の仕事でフリーとなる。現在イラストレーターと造園家として活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • timeturner さん

    自分の猫がよその人になついてそっちの家に行っちゃったら、そりゃあ悲しいし腹が立つよね。相手がやな奴だったらよけいにさ。ついつい本気でアルフィーを応援してしまった。

  • hautan  さん

    図書館本。ずっとアルフィーに感情移入してたけど、お隣の女の子もキャラが面白くて楽しく読めました。最後は仲良しになって良かった。ペンギンって猫の名前には笑える!絵はあまり可愛くないけどね★3

  • カヤ さん

    自由気ままなペンギン。かわいくても太らせ過ぎたらダメだよと、ダイエットのことも書いていた。

  • shoko.m さん

    3年生のアルフィーは、「ペンギン」というネコを飼っている。こっそりとお隣のおばあさんの庭にしのびこみ、ペンギンと遊ぶ毎日を送っていたが、ある日、おばあさんの孫のグレースが引っ越してきた……。秘密の場所に入るなと言われただけでなく、ペンギンを取ろうと張り合ってくるグレースに腹を立てたアルフィーだったが、ペンギンがいなくなったことをきっかけに、しだいにグレースのことを見直していく。反発から友情へと変わっていくアルフィーの心の動きが、まっすぐに温かい目線で描かれている。

  • nekopon さん

    挿絵がとってもかわいい。お話も、最初はとげとげしい感じだったけれど、だんだんほのぼのしてきて、楽しかった。最後はちょっとした謎解きもあり。ペンギンに似たネコをめぐる、男の子と女の子の成長物語。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ホリー・ウェッブ

イギリスのレディング在住。出版社に編集者として勤めた後、児童文学作家として活躍。動物をテーマにした「アニマル・マジック」シリーズ(未訳)など、数多くの作品を発表し、人気を博している

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品