CD 輸入盤

歌劇『シッラ』全曲 ファビオ・ビオンディ&エウローパ・ガランテ、ソニア・プリナ、ヴィヴィカ・ジュノー、他(2017 ステレオ)(2CD)

ヘンデル(1685-1759)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GCD923408
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ビオンディ&エウローパ・ガランテ最新作!
豪華歌手陣との共演によるヘンデルの『シッラ』


ルクレールのヴァイオリン・ソナタ集 Op.7での鮮烈な演奏が記憶に新しいイタリアが生んだバロック・ヴァイオリン、古楽界の巨匠ファビオ・ビオンディ。「1742年ダブリン版」での演奏が話題を呼んだ『イメーネオ』に続き、ビオンディ&エウローパ・ガランテが世に送り出すヘンデル・プロジェクトの続編は、4番目のロンドン・オペラ、1713年作曲の『シッラ(あるいはルーチョ・コルネリオ・シッラ)』!
 1713年にロンドンで作曲された『シッラ』は『リナルド』と同じくジャコモ・ロッシの台本による3幕のオペラ。ヘイマーケットの女王劇場のプライヴェート・コンサートで同年の1713年に初演されたと伝わるものの諸説があり、編成も含めて今もなお多くの謎が残されている作品として知られています。
 グロッサ・レーベル(Glossa)でもお馴染みの古楽界を代表する歌い手たち、ソニア・プリナ、ロベルタ・インヴェルニッツィ、ヴィヴィカ・ジュノー、神奈川県立音楽堂で上演されたヴィヴァルディの『メッセニアの神託』にも出演したマルティナ・ベッリ、ヤーコプスやヘレヴェッヘなど古楽界の巨匠たちからも重用されているスンへ・イムなど、世界的名歌手たちの豪華共演は大きな注目を集めること必至! ウィーンのコンツェルトハウスを舞台に繰り広げられた豪華絢爛なビオンディ&エウローパ・ガランテの『シッラ』にご期待下さい。(写真© Bernhard Trebuch)(輸入元情報)

【収録情報】
● ヘンデル:歌劇『シッラ』 HWV.10 全曲


 ソニア・プリナ(コントラルト/シッラ)
 マルティナ・ベッリ(メゾ・ソプラノ/クラウディオ)
 スンヘ・イム(ソプラノ/メテッラ)
 ヴィヴィカ・ジュノー(メゾ・ソプラノ/レピード)
 ロベルタ・インヴェルニッツィ(ソプラノ/フラヴィア)
 フランチェスカ・ロンバルディ・マッズーリ(ソプラノ/セリア)
 ルカ・ティトット(バス/イル・ディオ)
 エウローパ・ガランテ
 ファビオ・ビオンディ(ヴァイオリン、指揮)

 録音時期:2017年1月28-30日
 録音場所:ウィーン、コンツェルトハウス
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヘンデル(1685-1759)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品