ヘンツェ、ハンス・ヴェルナー(1926-2012)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

コントラバスのための作品集 ダニエレ・ロッカート、トニーノ・バッティスタ&アブルッツェーゼ交響楽団、ルドゥス・グラヴィス・コントラバス・アンサンブル

ヘンツェ、ハンス・ヴェルナー(1926-2012)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WER7391
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ヘンツェの音楽をくまなく理解したコントラバス奏者による圧巻の演奏!

20世紀以降のドイツ音楽で今もなお熱心に取り上げられる機会の多いヘンツェの音楽、その中からコントラバス作品を集めたアルバムです。ヘンツェが愛し移り住んだこともあるイタリアでコントラバスの名手として活躍し、作曲家とも交流があったロッカートによる演奏です。独奏曲での雄弁さはヘンツェの音楽を研究し尽くしたロッカートの面目躍如というべきもの。また、自らコントラバス用に編曲した『哀悼頌歌』は作曲家をおおいに満足させ、ヘンツェ公式の作品リストに加わりました。
 コントラバス協奏曲はこのアルバムのハイライトです。楽器の可能性を拡大したこの作品は、技術的にも難易度の高い奏法が散りばめられており、現代コントラバス奏者が挑むべき作品の最高峰に位置付けられています。ロッカートの圧倒的な演奏は編成の珍しさを超えて、「ヘンツェの音楽を聴くこと」の楽しみを見出させてくれるでしょう。(輸入元情報)

【収録情報】
ヘンツェ:
1. サン・ビアージョ8月9日12時7分 〜コントラバス独奏のための追憶 (1977)
2. コントラバスとオーケストラのための協奏曲 (1966)
3. セレナード〜チェロのための (1949)〜ドリュー編曲コントラバス版 (1981)
4. マーガレット・ゲデスのための哀悼頌歌〜6つのチェロのための (1997)〜ロッカート編曲6つのコントラバス版 (2010)


 ダニエレ・ロッカート(コントラバス)
 トニーノ・バッティスタ指揮、アブルッツェーゼ交響楽団(2)
 ルドゥス・グラヴィス・コントラバス・アンサンブル(4)

 録音時期:2019年2月24日(1,3)、2017年5月24日(2)、2015年2月27日(4)
 録音方式:ステレオ(デジタル)
 世界初録音(4)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヘンツェ、ハンス・ヴェルナー(1926-2012)に関連するトピックス

  • ヤノフスキー/ヘンツェ交響曲全集 ハンス・ヴェルナー・ヘンツェの交響曲が全曲ボックスで登場。指揮はすべてヤノフスキ。これまでにヴェルゴがリリースしてき... HMV&BOOKS online|2015年07月16日 (木) 05:20
    ヤノフスキー/ヘンツェ交響曲全集
  • ヤノフスキ/ヘンツェ交響曲集 バッハの引用のある交響曲第2番と、ベルク、シェーンベルクやジャズの要素まで取り込んだ最後の交響曲第10番が登場。 HMV&BOOKS online|2014年03月08日 (土) 05:20
    ヤノフスキ/ヘンツェ交響曲集
  • ヤノフスキー/ヘンツェ交響曲集 透明感のある響きが印象的なヘンツェ20歳の時の第1交響曲と、キューバゆかりのシンフォニア第6番を収録。 HMV&BOOKS online|2013年08月15日 (木) 05:20
    ヤノフスキー/ヘンツェ交響曲集
  • ヘンツェ/DG録音全集(16CD) 自作自演音源のほか、ザッハーやナッセン、アバドといったアーティストたちによるヘンツェ作品音源も多数収録。 HMV&BOOKS online|2013年06月19日 (水) 23:10
    ヘンツェ/DG録音全集(16CD)
  • ヘンツェの室内楽編成作品集 『室内楽 1958』、『アポロとヒュアキントス』『カンツォーナ』を収録。 HMV&BOOKS online|2012年11月06日 (火) 00:50
    ヘンツェの室内楽編成作品集

おすすめの商品