プロコフィエフ(1891-1953)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲第2番、無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、2つのヴァイオリンのためのソナタ ムローヴァ、パーヴォ・ヤルヴィ&フランクフルト放送響、パパヴラミ

プロコフィエフ(1891-1953)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ONYX4142
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ムローヴァのプロコフィエフ!
パーヴォ・ヤルヴィ、パパヴラミと共演!


ムローヴァの最新アルバムは、オール・プロコフィエフ! パーヴォ・ヤルヴィと共演!
 五嶋みどり、マリア・ジョアン・ピリス、オーギュスタン・デュメイ、ミハイル・プレトニョフ、パスカル・ロジェなど、メジャー級アーティストたちが続々と録音するイギリスのレーベル、ONYX(オニックス)。2005年の創立初期からONYXに録音を行っているヴィクトリア・ムローヴァのONYX第11弾となる最新アルバムは、パーヴォ・ヤルヴィ、テディ・パパヴラミといった有力アーティストたちと共演したオール・プロコフィエフ・プログラム。
 2015年9月のNHK交響楽団首席指揮者就任を控え、ますます注目を浴びるパーヴォ・ヤルヴィとのヴァイオリン協奏曲第2番。アルバニアからフランスへ渡り世界的な活躍を果たす奇才ヴァイオリニスト、テディ・パパヴラミとのデュオ・ソナタ。そしてムローヴァの独奏で行われる無伴奏ヴァイオリン・ソナタ。ONYXという新天地で大活躍を続けるムローヴァのオール・プロコフィエフ、ご期待ください!(東京エムプラス)

【収録情報】
プロコフィエフ:
1. ヴァイオリン協奏曲第2番ト短調 Op.63
2. 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ ニ長調 Op.115
3. 2つのヴァイオリンのためのソナタ ハ長調 Op.56


 ヴィクトリア・ムローヴァ(ヴァイオリン)
 テディ・パパヴラミ(ヴァイオリン:3)
 フランクフルト放送交響楽団(1)
 パーヴォ・ヤルヴィ(指揮:1)

 録音方式:ステレオ(デジタル)

収録曲   

  • 01. Allegro Moderato - Viktoria Mullova/Frankfurt Radio Symphony Orchestra
  • 02. Andante Assai - Viktoria Mullova/Frankfurt Radio Symphony Orchestra
  • 03. Allegro, Ben Marcato - Viktoria Mullova/Frankfurt Radio Symphony Orchestra
  • 04. Andante Cantabile - Viktoria Mullova/Tedi Papavrami
  • 05. Allegro - Viktoria Mullova/Tedi Papavrami
  • 06. Commodo - Viktoria Mullova/Tedi Papavrami
  • 07. Allegro Con Brio - Viktoria Mullova/Tedi Papavrami
  • 08. Moderato - Viktoria Mullova
  • 09. Andante Dolce - Viktoria Mullova
  • 10. Con Brio - Viktoria Mullova

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
協奏曲は、’12年アルテオーパー録。プレ...

投稿日:2016/03/23 (水)

協奏曲は、’12年アルテオーパー録。プレヴィン’88年以来の再録ですが、この盤は全てライヴ録音で、旧盤では悩んだジャケットでしたが、今回は、笑顔。スケール大きくなり、緊張感が違う、余裕綽々の熱演。目の据わっている兄ヤルヴィなら安心。パパラウミとのソナタ、無伴奏のソナタは’14年の録。こちらがメインではないかと思う位、充実していて美しく、見事な演奏。舌を巻き、感心してしまった。もう、貫禄の年齢ですが、技巧は言うまでも無い程凄くて、ムターの様なセレブ路線でない(ジャケットなど大違い)、自らの道とお付き合い、楽しみつつ挑戦を続けている。素晴らしいバッハを聴かせてくれたので、次は、モーツアルトのソナタ辺りを期待してしまうけど、また、驚かせてくれそう。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

1

プロコフィエフ(1891-1953)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品