Blu-ray Disc 輸入盤

『蝶々夫人』全曲 ライザー&コーリエ演出、アントニオ・パッパーノ&コヴェント・ガーデン王立歌劇場、ヤオ、プエンテ、他(2017 ステレオ)(日本語字幕付)

プッチーニ (1858-1924)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OABD7244D
組み枚数
:
1
レーベル
:
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
輸入盤

商品説明


プッチーニ:蝶々夫人〜英国ロイヤル・オペラ 2017
エルモネラ・ヤオ、マルセロ・プエンテ
アントニオ・パッパーノ指揮、ライザー&コーリエ演出


音楽監督パッパーノの指揮によるロイヤル・オペラ・ハウスの『蝶々夫人』が登場。蝶々さんを演じるのは、ダイナミックな歌唱と美貌で大人気のアルバニア出身のソプラノ、エルモネラ・ヤオ。そして人気の若手テノール、マルセロ・プエンテがピンカートンを演じます。
 日本のイメージを大胆に増幅させたのち、西洋的な感覚でばっさり切り取った舞台装置。和洋折衷というよりは、どちらの個性も譲らずにぶつけ合う衣装やメイク。こういったイメージが立体的に作用し、モダンでありながら夢のような感覚を観る者に与えます。その上でパッパーノの指揮が蝶々さんの心の動きを生々しく描き、悲劇に向けて突き進む圧倒的なドラマを作り上げました。(輸入元情報)

【収録情報】
● プッチーニ:歌劇『蝶々夫人』全曲


 蝶々夫人:エルモネラ・ヤオ(ソプラノ〉
 ピンカートン:マルセロ・プエンテ(テノール)
 ゴロー:カルロ・ボージ(テノール)
 シャープレス領事:スコット・ヘンドリックス(バリトン)
 スズキ:エリザベス・デション (メゾ・ソプラノ)
 ボンゾ:ジェレミー・ホワイト (バス)
 ケイト・ピンカートン:エミリー・エドモンズ (メゾ・ソプラノ)
 勅使:ジュラ・ナギー (バリトン)
 ヤマドリ公:ユーリ・ユルチュク (バリトン)
 コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団&合唱団
 アントニオ・パッパーノ(指揮)

 演出:モッシュ・ライザー&パトリス・コーリエ

 収録時期:2017年3月30日
 収録場所:ロンドン、コヴェント・ガーデン、ロイヤル・オペラ・ハウス(ライヴ)

● 特典映像:イントロダクション、ヤオとパッパーノによるリハーサル、キャスト・ギャラリー

 収録時間:149分(本編138分、特典11分)
 画面:カラー、16:9、1080i HD
 音声:LPCM 2.0、DTS-HD Master Audio 5.1
 歌唱:イタリア語
 字幕:日、英、仏、独、韓
 BD50
 Region All

 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

プッチーニ (1858-1924)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品