CD 輸入盤

『トゥーランドット』全曲 メータ&ロンドン・フィル、パヴァロッティ、サザーランド、他(1972 ステレオ)(2CD+ブルーレイ・オーディオ)

プッチーニ (1858-1924)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4787815
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


プッチーニ:『トゥーランドット』(2CD+ブルーレイ・オーディオ)
パヴァロッティ、サザーランド、メータ&ロンドン・フィル
ハードカヴァー・ブック仕様でレアな写真も多数掲載


パヴァロッティのデッカ録音50周年を記念した96kHz/24-bitリマスター・エディション。
 プッチーニが最後にたどり着いたオペラは、おとぎ話を人間ドラマに昇華する歌の魅力と、絢爛豪華なオーケストラ・サウンドを備えた究極のオペラ。
 メータのアルバムは、このオペラ初の高音質録音として話題になったもので、今は無きキングズウェイ・ホールに展開するロンドン・フィルの音響はスペクタクル要素も満載です。
 澄んだ声が浮き世離れした姫の姿にふさわしいともいえるトゥーランドット役のサザーランドに、張りのある声で情熱的なカラフ役を演じるパヴァロッティ、リリカルな美声で自己犠牲に果てるリュー役を演じるカバリエ、朗々とした声でおだやかなティムールを演じるギャウロフ、そして通常は貧相に歌われる皇帝アルトゥムを気品ある声で演じるピアーズなど歌も高水準。
 こうしたメータ指揮による演奏を、アナログ全盛期の優秀な録音で精巧に仕上げたデッカのスタッフは、プロデューサーがレイ・ミンシャルとマイケル・ウールコック、エンジニアがケネス・ウィルキンスンとジェイムズ・ロックという面々です。
 LP時代から音の良さで知られたこの『トゥーランドット』が、今回のリマスターでどのような音質になるか楽しみな高音質化企画の登場です。(HMV)

【収録情報】
● プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』全曲

 ジョーン・サザーランド(トゥーランドット/ソプラノ)
 ルチアーノ・パヴァロッティ(カラフ/テノール)
 モンセラート・カバリエ(リュー/ソプラノ)
 ニコライ・ギャウロフ(ティムール/バス)
 ピーター・ピアーズ(皇帝アルトゥム/テノール)
 トム・クラウゼ(ピン/バリトン)
 ピエル・フランチェスコ・ポーリ(パン、ペルシャの王子/テノール)
 ピエロ・ディ・パルマ(ポン/テノール)
 サビン・マルコフ(役人/バリトン)
 ウォンズワース・スクール少年合唱団
 ラッセル・バージェス(合唱指揮)
 ジョン・オールディス合唱団
 ジョン・オールディス(合唱指揮)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 ズービン・メータ(指揮)

 録音時期:1972年8月
 録音場所:ロンドン、キングスウェイ・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. "Popoli Di Pekino!" - Sabin Markov, Luciano Pavarotti, Nicolai Ghiaurov, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 02. "Gira la Cote!" - Luciano Pavarotti, Montserrat Caball, Wandsworth School Boys Choir, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 03. "O Giovinetto! Grazia, Grazia!" - Luciano Pavarotti, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 04. "Figlio, Che Fai?" - Nicolai Ghiaurov, Luciano Pavarotti, Montserrat Caball, Pier Francesco Poli, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 05. "Fermo! Che Fai? T'arresta" - Tom Krause, Pier Francesco Poli, Piero de Palma, Luciano Pavarotti, Nicolai Ghiaurov, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 06. "Signore, Ascolta" - Montserrat Caball, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 07. "Non Piangere Li" - Luciano Pavarotti, Montserrat Caball, Nicolai Ghiaurov, Tom Krause, Pier Francesco Poli, Piero de Palma, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 08. "Ol, Pang! Ol, Pong!" - Tom Krause, Pier Francesco Poli, Piero de Palma, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 09. "Ho Una Casa Nell'honan" - Tom Krause, Pier Francesco Poli, Piero de Palma, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 10. "O Mondo, O Mondo" - Tom Krause, Pier Francesco Poli, Piero de Palma, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 11. Introduzione (Scene 2) - London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 12. "Gravi, Enormi Ed Impotenti" - the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 13. "Un Giuramento Atroce Mi Costringe" - Peter Pears, Luciano Pavarotti, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 14. "Popolo Di Pekino" - Sabin Markov, Wandsworth School Boys Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta

ディスク   2

  • 01. "In Questa Reggia" - Joan Sutherland, Luciano Pavarotti, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 02. "Straniero, Ascolta" - Joan Sutherland, Luciano Pavarotti, Peter Pears, Montserrat Caball, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 03. "Gloria, Gloria, O Vincitore" - Joan Sutherland, Peter Pears, Luciano Pavarotti, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 04. "Tre Enigmi M'hai Proposto" - Luciano Pavarotti, Peter Pears, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 05. Introduzione - "Cos Comanda Turandot" - the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 06. "Nessun Dorma!" - Luciano Pavarotti, Tom Krause, Pier Francesco Poli, Piero de Palma, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 07. "Principessa Divina!" - Tom Krause, Joan Sutherland, Luciano Pavarotti, Montserrat Caball, Nicolai Ghiaurov, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 08. "Tu Che Di Gel Sei Cinta" - Montserrat Caball, Luciano Pavarotti, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 09. "Li! Li! Sorgi! Sorgi!" - Nicolai Ghiaurov, Tom Krause, Pier Francesco Poli, Piero de Palma, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 10. "Principessa Di Morte!" - Luciano Pavarotti, Joan Sutherland, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 11. "Che Mai Di Me?" - Joan Sutherland, Luciano Pavarotti, Wandsworth School Boys Choir, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 12. "Del Primo Pianto... Pi Grande Vittoria Non Voler" - Joan Sutherland, Luciano Pavarotti, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 13. "So Il Tuo Nome!" - Joan Sutherland, Luciano Pavarotti, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta
  • 14. "Diecimile Anni Al Nostro Imperatore... Padre Augusto" - Joan Sutherland, the John Alldis Choir, London Philharmonic Orchestra, Zubin Mehta

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ひょんな理由で購入。新譜LP、初出CD、今回...

投稿日:2016/10/15 (土)

ひょんな理由で購入。新譜LP、初出CD、今回と3度目。それ程に大好きな演奏だ。このところ評価されないどころか逆に酷評すら目にするが、新譜であんなに褒めていた方々は何処へ?と問いたい。尤も、レコード評もかなり移ろうもので、中でも最も苛々しいのはWベスト盤W投票企画。あれは評価なのか、本命・大穴の勝馬予想なのか大いに疑わしい。この演奏は曲の持っている顔見世狂言的と言うか祭典的と言うか、賑々しい雰囲気をどの演奏よりも持ち合わせていると思う。先ず歌手が豪華かつ充実。パヴァロッティ、カバリエ共にピーク期の更にベスト。前者はリリコ・スピントへ移行するターニングポイント。本人も自負があったのか再録音していない。後者の芳醇さは息を呑む。サザランドも夫ボニングとの共演時より遥かに新鮮。その他脇役陣も極彩色。とりわけ、トム・クラウゼのニヒルでダンディな型破りのピンが大好きだ。メータも前期の代表作。投網を打つ様に全てを手一杯に広げたかんじ。ドラマとしての凝集力や流れよりも、名場面の山車を見ているよう。当時はヒットメイカーだった。だから良いと言う訳ではないが、聴覚的にはこの曲のある本質を突いていると思う。因みに同じ路線で、視覚的に究極なのはゼフィレルリだろう。CD化で音がクリアになったのは良いとして、声が少し細くなったし、夜の冷たい空気や霧までもすっかり吹っ飛んでしまったのは残念。空気感まで含んだ名録音だったのに。それにしても、貧乏臭いキャストで新譜の時にそれ程でもなかったカラヤン盤や、何となく華が無い…はっきり言えば題名役がパッとしないエレーデ盤がこのところ高評価でちょっと戸惑う。これもひとの心の花の為せる業なのだろうか。

asemonic さん | 宮城県 | 不明

2
★
★
★
★
★
初出LPも所有しているが、ブルーレイオーデ...

投稿日:2015/10/18 (日)

初出LPも所有しているが、ブルーレイオーディオで聴く音はまさにマスターサウンド!驚異的な名録音だ。デッカのアナログ録音は全てブルーレイオーディオ化を切望する。

kudappy さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
デッカの最新リマスター (2CDs + Blu-ray A...

投稿日:2014/12/15 (月)

デッカの最新リマスター (2CDs + Blu-ray Audio) を聴いてみた。 そら恐ろしくなる重低音、美しく伸び切る高音、眼前で展開されるのは音楽を通り越したスペクタクルか?! まるでワーグナー、いやこの場合はマーラーでも聴いているかの様な異様な戦慄感だ。 メータはこの作品にドイツ的な重厚さを与えている。 私はイタリアオペラは全くと言って良いほど聴いた事のない門外漢ではあるが、この演奏の尋常ならざるエネルギーにはひれ伏したくなるほどだ。 オペラ=歌謡的メロドラマといった先入観は見事に裏切られ、これほどまでに芸術性が高く又とない名演に出会えるとは、予想だにしなかった。 音質もKenneth Wilkinson, James Lock, を筆頭としたデッカサウンドを象徴する名エンジニア達が担当していて、デジタル録音に勝るとも劣らない高音質を実現している。 フォーマットは2.0 dolby true HD 24-bit/96Khzの方が音の拡がり方が大きく音質は柔らかめの音。 対する2.0 pcm 24-bit/96Khzはもっと自然な拡がり方で音質はやや硬めか。 CDの音は一聴すると派手で元気な音だが、やはり耳当たりがきつくて、さらには定位や低音にも若干不足を感じる。 やはりBlu-ray Audio の方が上質な感じだ。

独居人 さん | 東京都 | 不明

3

プッチーニ (1858-1924)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品