ブリタニー・カヴァッラーロ

人物・団体ページへ

女子高生探偵シャーロット・ホームズ最後の挨拶 下 竹書房文庫

ブリタニー・カヴァッラーロ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784801923911
ISBN 10 : 4801923917
フォーマット
出版社
発行年月
2020年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
入間眞 ,  
追加情報
:
270p;15

内容詳細

ついに宿敵ルシアン・モリアーティの偽名と航空便を突き止めたシャーロット。いっぽうジェイミーは、学校で1000ドル盗難事件についての聞き込みを開始していた。度重なる災難がモリアーティ一族の罠ではないかと疑うジェイミーだったが、関わりは不明のままだった。だが事態は動き始める。ジェイミーの妹シェルビーが監禁され、助けを求めてきたのだ。謎めいた電話に焦るジェイミー。そんな時、思わぬ形でジェイミーはルシアンと邂逅することとなる。ホームズとワトスン、子孫コンビに最大の危機が迫る!大好評シリーズ、ついに完結!

【著者紹介】
ブリタニー・カヴァッラーロ : 1986年イリノイ州生まれ。小説家、詩人。ウィスコンシン大学ミルウォーキー校で英文学と創作文芸の博士号を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • エヌ氏の部屋でノックの音が・・・ さん

    2020年 9月 3日 初版。。。いよいよルシアンとの対決だ。ジェイミーとシャーロットの交代で話が進んでいくのだが、最後のメールのやり取りなんかは外伝に向けてのプロローグみたいだし、何と言えずもう結婚しそうな勢いである。221Bを買い戻してどうのと言っていたので、英国に渡るのか。マイロ(これもシャーロキアンが嫌いか)がムショに入っているのはどうするのだろうか。。。シャーロキアンでもホームジアンでもないほうが楽しいお話なのかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブリタニー・カヴァッラーロ

1986年イリノイ州生まれ。小説家、詩人。ウィスコンシン大学ミルウォーキー校で英文学と創作文芸の博士号を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド