フロランス・ビュルガ

人物・団体ページへ

そもそも植物とは何か

フロランス・ビュルガ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309254227
ISBN 10 : 4309254225
フォーマット
出版社
発行年月
2021年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
232p;20

内容詳細

植物という存在を究極まで哲学してみる!わたしたちは植物をどう見るべきか?フッサールやメルロ=ポンティの現象学を始め、西洋哲学を用いて「植物の生命と存在」を考察し、ひとつずつ丁寧に解いていく―異色のフランス女性哲学者の著書。

目次 : 第1部 植物をどう認識すべきか(肖像画としての生命―観察・記録・命名・分類/ 構造からみた生命―植物生理学は何をとらえたか/ 文法としての生命―植物と動物の境界線はどこにあるのか/ 植物と動物の共通の機能―植物に「感覚」はあるのか/ 外見と現実「あたかも○○かのように」―意味についての問題/ 植物の擬人化―最近の社会現象について/ 植物の本質的な他者性―植物中心主義は証明できるのか)/ 第2部 植物とはどのような存在か(植物の生命の本質―「生命」は「生存」ではない/ 植物は知覚世界を持っているか/ 植物は個体なのか―個体性と自己同一性/ 空間的な働き―中心性と自由/ 時間を生きる存在と精神的な生命―意識の問題/ 植物の美しさ―目的のない外見)/ 第3部 植物の倫理的な価値と法的な権利(環境破壊の嫌悪感という教訓/ 環境保護の倫理と法的な考えかた/ 生命中心主義の盲目さと罪深さ/ 植物中心主義―意識の緑化/ 植物の苦しみ―動物の苦しみを欺く手段)

【著者紹介】
フロランス・ビュルガ : 1962年生まれ。フランスの女性哲学者。リヨン第3大学で科学哲学の博士号取得。フランス国立農業・食糧・環境研究所の主任研究員。主な研究分野は、動物生命現象学、哲学的人類学、動物権利論。人間と動植物の違いと新たな生命観を追究。ヴィーガン(完全菜食主義)を実践する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • y さん

    本書で批判している植物の擬人化は、話としてはわかりやすくて好きなのですが、たしかに批判されて然るべきかと思いました。 が、著者の主張も動物(定義がやや曖昧)の視点からのみで、説得力に難ありと感じました。 タイトルに惹かれて手にすると、んー…となってしまうかもしれません。

  • Tetsuji Yamaguchi さん

  • takao さん

    ふむ

  • itsuho さん

    生物学者ではなくヴィーガンの哲学者の本。とりあえず読んでみたけど楽しめなかったというかゲンナリ。

  • $kndneotokyo さん

    植物に意思がないことを根拠を添えてややしつこめに展開。ビーガンの著者が反菜食主義者に接説と反論してる感じ。 植物を擬人化する風潮に植物は植物であるというあたりまえのことを書いてあるだけかな。 あとがきだけでお腹いっぱい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

フロランス・ビュルガ

1962年生まれ。フランスの女性哲学者。リヨン第3大学で科学哲学の博士号取得。フランス国立農業・食糧・環境研究所の主任研究員。主な研究分野は、動物生命現象学、哲学的人類学、動物権利論。人間と動植物の違いと新たな生命観を追究。ヴィーガン(完全菜食主義)を実践する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品