CD

室内楽曲集第2集 コラール、パレナン四重奏団、デュメイ、ロデオン、B.パスキエ(2CD)

フォーレ (1845-1924)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS23167
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

【クラシック・マスターズ】
フォーレ:室内楽曲集第2集(2CD)


コラールを中心としたフォーレの室内楽作品集、1970年代のフランス系アーティストを結集した名盤。(Warner Classics)

【収録情報】
Disc1
フォーレ:
● ピアノ四重奏曲第1番ハ短調 op.15
● ピアノ四重奏曲第2番ト短調 op.45


 オーギュスタン・デュメイ(ヴァイオリン)
 ブルーノ・パスキエ(ヴィオラ)
 フレデリック・ロデオン(チェロ)
 ジャン=フィリップ・コラール(ピアノ)

● ピアノ五重奏曲第1番ハ短調 op.89〜第1楽章

Disc2
● ピアノ五重奏曲第1番ハ短調 op.89〜第2楽章、第3楽章
● ピアノ五重奏曲第2番ニ短調 op.115


 ジャン=フィリップ・コラール(ピアノ)
 パレナン四重奏団

● 弦楽四重奏曲ホ短調 op.121

 パレナン四重奏団

 録音時期:1975-78年
 録音場所:パリ、サル・ワグラム
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

【クラシック・マスターズ】
大好評のクラシック・マスターズ続編発売!
今回も、旧EMIクラシックスの国内盤、輸入盤の実績&人気上位アイテムの中から100タイトルセレクト。
名盤中の名盤を厳選し、世界一流のアーティスト陣によるラインナップ!
新規に海外から取り寄せたマスター音源より制作。
フロントカヴァーはオリジナル発売海外カヴァーデザインを多数使用。
声楽入り作品は歌詞対訳付(Warner Classics)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
すでに名盤の評価が確定しているが、これは...

投稿日:2017/11/20 (月)

すでに名盤の評価が確定しているが、これは画期的な再発だ。EMI時代は、国内盤は劣化したマスターテープを無理に高解像度化したリマスターで、テープヒスは大きく、音質はカサカサだった。いっぽう海外盤はピアノ四重奏曲の左右が逆転、写真でいう「裏焼き」状態になっていた。 ワーナーからリリースされた本盤では、状態のよいマスターテープを、やや硬めの音質ながら(これは本来そういう収録のようである)素直なマスタリングで再現していて、初めてこの音源がきちんと提供されることになった。ワーナーミュージック・ジャパンの功績を多としたい。 が、しかし、本盤の演奏者表記には大きな疑義がある。ピアノ四重奏曲第2番の弦は、ブックレットとインレイの表記では、第1番と同じデュメー、パスキエ、ロデオンとなっているけれど、第2番のほうの弦は、パレナン四重奏団のメンバー:ゲスタン、コセ、ペナスーの3氏だったはずである。 こうした表記上の疑義はあるものの、リリースそのものには大きな意義があり、フォーレの室内楽ディスクとして、大推薦盤であることは言うを待たない。

ひょうたん さん | 東京都 | 不明

0

フォーレ (1845-1924)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品