SHOE DOG (シュードッグ)靴にすべてを。

フィル・ナイト

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784492046173
ISBN 10 : 4492046178
フォーマット
出版社
発行年月
2017年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
548p;19

内容詳細

●世界最強のブランドはいかにして生まれたか?
●創業者が自ら語る、ナイキの創業秘話!
●日本がナイキを創り、日本がナイキを救った!?日本とナイキの意外な深いつながり
●全米熱狂! 絶賛の声続々!
●待望の翻訳、ついに刊行!

父親から借りた50ドルを元手に、アディダス、プーマを超える
売上げ300億ドルの会社を創り上げた男が、ビジネスと人生のすべてを語る!

1962年晩秋、24歳のあるアメリカ人が日本に降り立った。
彼の名はフィル・ナイト。のちに世界最強のブランドの一つとなる、ナイキの創業経営者だ。

オニツカという会社がつくるシューズ「タイガー」に惚れ込んでいた彼は、
神戸にあるオニツカのオフィスを訪れ、役員たちに売り込みをする。

自分に、タイガーをアメリカで売らせてほしいと。

スタンフォード大MBA卒のエリートでありながら、なぜあえて靴のビジネスを選んだのか?
しかもかつての敵国、日本の企業と組んでまで。

「日本のシューズをアメリカで売る」。

馬鹿げたアイディアにとりつかれた男の人生を賭けた挑戦が、このとき始まった!


●著名人も絶賛!

ビル・ゲイツ称賛!
2016年おすすめの5冊に選出!

成功するビジネスのありようを、誠実に思い起こさせてくれる。
それは混沌と混乱に満ちた危険な旅であり、誤りと闘いと犠牲が常につきまとう。
ここまで赤裸々に自身の歩んだ道を語るCEOなど、ほとんどいないだろう。
フィル・ナイトが読者に何かを教えようとしたとは思えないが、
読者はすばらしい学びを得るはずだ。
彼はできうる限り正直に人生を語っている。驚愕の物語だ。
(マイクロソフト創業者)

2016年の最高の本。フィル・ナイトは天性のストーリー・テラーだ。
――ウォーレン・バフェット(伝説の投資家)

率直で、ユーモアがあり、スリルもあって文学的なこの本は、スポーツを愛する人、
そして伝記を愛するすべての人のための本だ。
――アンドレ・アガシ(元プロテニス・プレーヤー。ゴールデンスラム達成者)

ありえない夢を追いかけるすべての人への啓示。
――マイケル・スペンス(ノーベル賞受賞経済学者)

アントレプレナーシップについて読んだ本のなかで、最高の一冊。
――ファリード・ザカリア(ジャーナリスト)

【目次】
夜明け アスリート人生
1962 オニツカとブルーリボン
1963 会計士として
1964 レジェンド・バウワーマン
1965 巨漢ヘイズ
1966 手紙魔ジョンソン
1967 ウッデルの参加
1968 ペニーとの結婚
1969 フジモト
1970 8000ドルの借金
1971 ナイキ・ブランド誕生
1972 シカゴの展示会
1973 偶像を破壊する
1974 専属弁護士ストラッサー
1975 日商岩井
1975 プリとの別れ
1976 バット・フェイス
1977 ゴールラインは存在しない
1978 2500万ドルの請求
1979 中国進出
1980 株式公開
夜 死ぬまでにしたいこと

【著者について】
フィル・ナイト
ナイキ創業者
世界最高のスポーツ用品メーカー、ナイキの創業者。1938年生まれ。オレゴン州ポートランド出身。オレゴン大学卒業。大学時代は陸上チームに所属。中距離ランナーとして、伝説のコーチ、ビル・バウワーマンの指導を受ける(バウワーマンは後にナイキの共同創業者となる)。1年間のアメリカ陸軍勤務を経て、スタンフォード大学大学院に進学。MBA(経営学修士号)取得。
1962年、オレゴンの「ブルーリボン・スポーツ」社の代表として日本のシューズ・メーカーであるオニツカを訪れ、同社の靴をアメリカで売るビジネスを始める。その後独自ブランドの「ナイキ」を立ち上げ、社名もナイキと変更。創業メンバーたちとともに、スポーツ用品界の巨人、アディダスとプーマをしのぐ企業へと同社を育て上げる。1964年から2004年まで同社のCEO、その後2016年まで会長を務める。
妻ペニーとオレゴンに暮らす。

【著者紹介】
フィル・ナイト : 世界最高のスポーツ用品メーカー、ナイキの創業者。1938年生まれ。オレゴン州ポートランド出身。オレゴン大学卒業。大学時代は陸上チームに所属。中距離ランナーとして、伝説のコーチ、ビル・バウワーマンの指導を受ける(バウワーマンは後にナイキの共同創業者となる)。1年間のアメリカ陸軍勤務を経て、スタンフォード大学大学院に進学。MBA(経営学修士号)取得。1962年、オレゴンの「ブルーリボン・スポーツ」社の代表として日本のシューズ・メーカーであるオニツカを訪れ、同社の靴をアメリカで売るビジネスを始める

大田黒奉之 : 京都大学法学部卒。洋楽好きが高じ、主にミュージシャンの伝記の翻訳を手掛けるようになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
NIKEの創業者フィルナイトの自伝。NIKEの創...

投稿日:2018/12/11 (火)

NIKEの創業者フィルナイトの自伝。NIKEの創世記、オニツカタイガーや日本とこんなに関わりが 深かったなんて知らなかった。いつ倒産してもおかしくない様な綱渡りの経営を続けながらも今や スニーカーのトップランナーになったNIKEの軌跡。

太陽の塔 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
☆
翻訳本でしょ?絶対読みづらいに決まってる...

投稿日:2018/05/28 (月)

翻訳本でしょ?絶対読みづらいに決まってる...そう思って読み始めたら、まるでロードムービーを鑑賞しているかのようなドライブ感ですらすら読めます。「ナイキ」の名前の由来から、アメリカで日本の靴を売るまでの試行錯誤、行き詰まってはまた模索の連続。ちょうど読み始めた頃、池井戸潤原作のドラマ「陸王」も観ていたので思わず情景が重なりました。表紙もカッコイイし、これが一冊あるだけでサマになります。

ツインぴるくる さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • W-G さん

    NIKE黎明期の話がメイン。変に賢ぶらず、ストレートに感情を出すフィルが熱い。面白いが、特に日本人にとっては、エアが開発されてからそれを"見せる"ようになるまでとジョーダンとの邂逅が読みたかったところで、そこが回想でサラッと触れられただけなのは残念。アシックスも結構悪し様に描かれているが、今、海外で人気が出てきている日本ブランドでもある事から、余計に怨みが深いのかと勘ぐってしまう。その辺ちょっとだけ男を下げたような。とても面白いのはたしかで、一冊に纏めず、分冊して90年代くらいまでは描ききって欲しかった。

  • hit4papa さん

    ナイキ創業者の手による、創業奮闘記です。1962年、スタンフォード大学でMBAを取得した著者は、オニツカのシューズを米国で販売しようと企てます。今でいうところのスタートアップですが、コンプライアンスという語が存在しなかった当時、著者はハッタリで世界をまたにかけるビジネスを立ち上げるのです。本書は、美しき起業家人生・・・ではなく、1980年までの20年弱のなんでもアリアリ、ハッタリ人生が語られます。勝てば官軍とはこのこと。成功者だからこそ、あの頃はぶっちゃけヤバかったんだよと遠い目ができるのかもしれません。

  • ナイスネイチャ さん

    図書館本。リアル「陸王」!?ナイキが紆余曲折を経て1980年までの18年のサクセスストーリー。オニツカ(現アシックス)の販売代理店だったのは驚き。

  • R さん

    ナイキ全史というには、商品のことがほとんど出てこないけど、ナイキというブランド、どちらかといえば会社がどうやってきたかを綴った、創始者による自伝でした。驚いたのは、日本とのかかわりの深さ。60年代の日本が、いかに実力と安さを武器にしていたか、それを利用しながら、商社がどれほど台頭し、世界で名を挙げていたかがありあり伝わってくるようで、世界経済史としても面白い本でした。フィルナイト氏の破天荒な生き様もよいのだけども、ナイキが綱渡り経営だったという過去に衝撃を覚える一冊。

  • サンダーバード@読メ野鳥の会怪鳥 さん

    ナイキの創業者フィル・ナイト自身が記した創業記。「Shoe Dog」とは靴の開発、デザイン、製造、販売…、靴に己の全て人生を注ぎ込んだ人の事だそうだ。彼もまさにそんな一人である。まずナイキの前身がオニツカの米国代理店であった事を知り驚いた。オニツカとの契約、綱渡りの資金繰り、オニツカの支配から脱する為のナイキブランドの立ち上げ。正直文章は上手いとは言えないし、自伝だから都合のいい事しか書いてはいないだろう。でも実にリアルで面白く興味深い一冊であった。★★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

フィル・ナイト

世界最高のスポーツ用品メーカー、ナイキの創業者。1938年生まれ。オレゴン州ポートランド出身。オレゴン大学卒業。大学時代は陸上チームに所属。中距離ランナーとして、伝説のコーチ、ビル・バウワーマンの指導を受ける(バウワーマンは後にナイキの共同創業者となる)。1年間のアメリカ陸軍勤務を経て、スタンフォー

プロフィール詳細へ

フィル・ナイトに関連するトピックス

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品