CSNY――クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの真実 70年代のビートルズと評されたスーパーバンドの誕生と終焉

ピーター・ドゲット

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784866471044
ISBN 10 : 4866471042
フォーマット
出版社
発行年月
2020年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
466p;21

内容詳細

『デジャ・ヴ』50周年記念出版。
50年目にして、ついに当事者、関係者が語った、結成秘話 & 名曲誕生の舞台裏。

ローレル・キャニオンから聞こえてきたハーモニーが、時代を変えた。

4人の男たちの調和と対立、ジュディ・コリンズやジョニ・ミッツェルとのロマンス。

イージーライダーやウッドストックなど、
60年代~70年代のカルチャーや社会背景とともに語られる音楽ノンフィクションの傑作。

1969年、クロスビー(バーズ)、スティルス(バッファロー・スプリング・フィールド)、ナッシュ(ホリーズ)の3人は、
スーパーグループCS&Nを結成。同年5月に『クロスビー、スティルス&ナッシュ』をリリースする。
さらにニール・ヤングを加え、わずか数ヵ月後にはウッドストックに出演。
政府に対する激しい怒りと理想主義、若者たちの不安を代弁し、世代の象徴となっていく……。

「一緒にあのヴァースを歌って、ヒステリックに笑いだした。あまりにも嬉しくてね」――グラハム・ナッシュ

「俺はいついなくなってもおかしくないぜ」――ニール・ヤング

「何でだってハイになれるのが俺」――デイヴィッド・クロスビー
「最初からケンカばかりさ」――スティーヴン・スティルス


《著者情報》

ピーター・ドゲット
イギリスの音楽ジャーナリスト。1980年代から90年代にかけて『レコード・コレクター』誌の編集者を務め、1999年からフリーランスに。以来、音楽評論に社会史、文化史を織り交ぜた数々の著作を執筆している。邦訳に『ザ・ビートルズ 解散の真実』『ルー・リード:ワイルド・サイドを歩け』『ジョン・レノン大百科』(ジョン・ロバートソン名義)など。

川村まゆみ
お茶の水女子大学文教育学部音楽教育学科卒業。主な訳書に『世界で一番美しいアメリカン・ギター大名鑑』『ザ・ローリング・ストーンズ楽器大名鑑』『ジミ・ヘンドリックス機材名鑑』『プリンスとパープル・レイン』『イエス全史』『スティーヴ・ルカサー自伝』などがある。


デザイン:川畑あずさ

ページ数:480ページ+カラー口絵8ページ

【著者紹介】
ピーター・ドゲット : イギリスの音楽ジャーナリスト。「レコード・コレクター」誌の編集者を経て、1999年からフリーランスに。音楽評論に社会史、文化史を織り交ぜた数々の著作を執筆している

川村まゆみ訳 : お茶の水女子大学文教育学部音楽教育学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ピーター・ドゲット

イギリスの音楽ジャーナリスト。「レコード・コレクター」誌の編集者を経て、1999年からフリーランスに。音楽評論に社会史、文化史を織り交ぜた数々の著作を執筆している

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品