ピエール・ルメートル

人物・団体ページへ

天国でまた会おう 下 ハヤカワ・ミステリ文庫

ピエール・ルメートル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784151814525
ISBN 10 : 4151814523
フォーマット
出版社
発行年月
2015年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
321p;16

内容詳細

第一次世界大戦の前線。生真面目な青年アルベールは、ある陰謀により死にかけたところを気まぐれな戦友エドゥアールに救われた。やがて迎えた終戦だが、帰還した兵士たちに世間は冷たい。絶望した二人は犯罪に手を染めるが――『その女アレックス』の著者が放つ一気読み必至の傑作! フランス最高の文学賞、ゴンクール賞に輝いた長篇。

【著者紹介】
ピエール・ルメートル : 1951年パリ生まれの作家、脚本家。2006年にカミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズの第一作となる『悲しみのイレーヌ』でデビュー。2011年に発表したシリーズ第二作『その女アレックス』は、リーヴル・ド・ポッシュ読者大賞、英国推理作家協会(CWA)賞インターナショナル・ダガー賞に輝いたほか、日本では『このミステリーがすごい!』、「ミステリが読みたい!」、「週刊文春ミステリーベスト10」、本屋大賞(翻訳小説部門)などのランキング一位を独占し、ベストセラーとなった

平岡敦 : 1955年生、早稲田大学文学部卒、中央大学大学院修士課程修了、フランス文学翻訳家、中央大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    こんな結末だったとは。タイトルから想像していたのとは随分違っていたが、このクールさには納得せざるを得ない。プラデルの転落。エドゥアールの荒唐無稽なまでの壮大な計画。それに翻弄されるアルベールの卑小さが、小説のリアリティを確かなものにする。結局のところ、戦争によって得られるものは何もなく、戦後には遠大なまでの空虚だけが残るということなのであろうか。物語としての起伏は大いにあるが、その本質においては実に淡々と語られるリアルな戦争と戦後の物語だ。なお、ルイーズのその後については謎が残る。どなたかご教示を乞う。

  • W-G さん

    下巻はだいぶスピーディーに。根底に戦争があるので、善悪で割りきれない部分も多く、アルベールとエドゥアールにしろ、結構な悪さをして、人の気持ちを踏みにじっている。そこに明らかな悪党のプラデルがいることで、物語としての収まりが良くなっている。この二人をメインに据える方が、文学性は高くなって、作品の品位は上がるのかもしれないが、いっそプラデルを主人公にしたピカレスクロマンだったら、もっと好きだった。なんとなく雰囲気に流されるが、やっぱりエドゥアールの行動が意味不明すぎて、すっと入れないところがある。

  • KAZOO さん

    ある意味詐欺の小説なのでしょうか?というよりもやはり二人の青年の目を通して両大戦間のフランス国内における人間を観察している気がしました。 ゆったりとした展開でしたが、最後に若干の謎などを残した感じで終わっています。私はアレックスやイレーヌとはまた異なった感じで楽しめました。幅が広い作家であると感じます。

  • reo さん

    元大尉はどんな人間にも値段があることを良く心得ていた。「はっきり言いましょう。この封筒に5万フラン入ってます」内ポケットからもう一つの封筒を取り出し「こちらにも同じだけ入ってます」貧乏役人は元大尉の手から電光石火の早業で封筒をむしりとった。メルランもここまでと思わせておいて、そのお札を台紙に貼り付け、賄賂の証拠品として役所に提出します。嫌われ者メルラン面目躍如です。アルベール、エドゥアール、プラデル、ペリクール、メルラン、ラブルダン、他、作者は登場人物のキャラ立てに神経を遣っており、なかなかのものでした。

  • マエダ さん

    ほぼほぼの登場人物が不幸に不幸になっていく。報われなさ、怒り、焦燥、著者は人の負の部分を書くのが旨すぎないかとつくづく思う。自分はこの著者をかなり好きになってしまった。どうなるか展開が全く読めない。今後でてくるであろう新作も全て買う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ピエール・ルメートルに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド