CD 輸入盤

ルドルフ・フィルクシュニー/RCA&コロンビア・コンプリート・アルバム・コレクション(18CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
19075922812
組み枚数
:
18
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ルドルフ・フィルクシュニー/RCA&コロンビア・コンプリート・アルバム・コレクション

「ピアニストの中の貴族」と賞された名匠ルドルフ・フィルクシュニー。
没後25年を機に、コロンビアとRCAに残されたかけがえのない名演を18枚のディスクに集大成。
世界初CD化多数


「チェコのピアノ曲で、フィルクシュニーの演奏を聴いたことがなければ、それらの作品の真の意味合いと価値をまだ耳にしていない、ということだ」と評されたチェコの名ピアニスト、ルドルフ・フィルクシュニー[1912-1994]。フォルムを崩さず自然な解釈で作品の核心に静かに到達する演奏は、世界中の音楽ファンから高く評価されました。その滋味あふれる演奏は、モーツァルト、シューベルトやシューマン、そして何よりもチェコ音楽において、オーセンティシティの極みともいえ、室内楽も得意としたその音楽性は同僚の音楽家からも慕われるほどでした。
 当18枚組はフィルクシュニーがコロンビアとRCAに残した録音を集大成したもので、最晩年のRCA録音(ディスク11〜18)の音楽的感銘の深さは改めて申し述べるまでもありませんが、特に貴重なのは今回そのほとんどが初めてCD化されることになるモノラル時代のコロンビア録音(ディスク1〜7)といえましょう。
 フィルクシュニーの初録音は1949年にコロンビアのニューヨーク30丁目スタジオで収録されたシューマンの『幻想曲』と『子供の情景』(ディスク1)で、それ以後、1954年までLP7枚分を録音しています。ここにはモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ショパンのほか、フィルクシュニーが初演したアメリカのサミュエル・バーバーやハワード・ハンソンの初録音までが含まれています。名手トッシー・スピヴァコフスキーとのデュオ・アルバムも、コレクターが血眼になって探していたレコード(ディスク3)で、正規録音が極めて少ないこのヴァイオリニストの貴重な遺産としても高い意味合いを持っています。
 1953年には、当時としては非常に珍しいものの、フィルクシュニーの音楽活動とは切っても切れない師ヤナーチェクのアルバム(ディスク6、フィラデルフィア管の首席奏者と共演したコンチェルティーノを含む)を世に問い、さらに翌年には盟友ジョージ・セル指揮するクリーヴランド管弦楽団とのドヴォルザークのピアノ協奏曲を、フィルクシュニーの師ヴィレム・クルツによって改訂されたソロ・パート版によって録音しています(ディスク7)。フィルクシュニーは、セルとはこの曲を1933年に初共演しており、戦後はクリーヴランド管のほか、ヨーロッパでも共演を重ね、ソリストの選定には極めて厳しかったセルが共演を切望する数少ないピアニストの一人でもあったのです。コロンビアにはその21年後に、ジュリアード弦楽四重奏団とドヴォルザークのピアノ四重奏曲2曲を録音しており、これもアナログ時代の名盤として知られています(ディスク10)。
 RCAには1965年に、20世紀最大のチェリスト、ピアティゴルスキーとショパンおよびプロコフィエフのソナタでの共演盤を1枚(ディスク8)残した後、さらにCD時代に入っていた1988年から専属契約を結び、その晩年の、深まりゆく芸境を音に刻んだのでした。その皮切りとなったマルチヌーのピアノ作品(ディスク11)は、その収録曲のほとんどがフィルクシュニーのために書かれたもので、作曲者直伝とでもいうべき貴重なアルバムです。同じ年、フロール&ロイヤル・フィルと共演したフランク『交響的変奏曲』が録音され(ディスク12)、さらに名門リッジ弦楽四重奏団とのドヴォルザークのピアノ五重奏曲2曲(ディスク14)、ノイマン&チェコ・フィルという黄金コンビとのドヴォルザークのピアノ協奏曲再録音(ディスク15、今回は作曲者の原典版による)、日本でも1991年にレコード・アカデミー賞を受賞した、マルチヌーのアルバムと対をなすヤナーチェクのピアノ作品集(ディスク13)、チェコの名花ベナチコヴァーの伴奏を務めた歌曲アルバム(ディスク17)など、滋味深い名演が次々と録音されました。
 さらにシュタルケルと共演したチェロ・ソナタ2曲(ディスク16)、そして遺作アルバムとして没後に発売されたペシェク&チェコ・フィルとのピアノ協奏曲3曲(ディスク18)と、まるでその音楽活動の円環を閉じるかのように師マルチヌーの作品の録音を残しているのも、フィルクシュニーらしいといえましょう。
 各ディスクは初出時のジャケット・デザインによるペーパー・スリーヴに収められ、オールカラーの別冊解説書とともに、厚紙製クラムシェル・ボックス(L13.5cm x W13.5cm x 4.5cn)に収納される予定です。別冊解説書には詳細な録音データを完備したトラックリスティングのほか、新規エッセイ、貴重な写真なども掲載されています。

【ルドルフ・フィルクシュニー プロフィール】
フィルクシュニーは、チェコのピアニスト。幼い頃から神童ピアニストとして知られ、5歳の時には作曲家ヤナーチェクと出会い、その才能を認められた。ブルノ音楽院とプラハ音楽院で学び、10歳でピアニストとしてデビュー。1933年のロンドン・デビュー以後、国際的な演奏活動を開始したが、チェコがナチス・ドイツの占領下となった1938年にパリ経由でアメリカに亡命した。ジュリアード音楽院で教鞭をとるかたわら、幅広い演奏活動を行う。日本にも1978年の初来日以来何度もツアーを行った(菅野沖彦による日本録音もある)。レパートリーは幅広いが、やはりチェコ音楽、特に直接教えを受けたヤナーチェク、チェコからの亡命者で苦労を共にしたマルチヌーの演奏解釈は他の追随を許さない。(輸入元情報)


【収録情報】
Disc1
シューマン:
● 幻想曲 ハ長調 Op.17
● トロイメライ Op.15-7

 録音:1949年2月3日、6月20日 ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ
Disc2
● モーツァルト:幻想曲 ハ短調 K.475
● モーツァルト:ピアノ・ソナタ第14番ハ短調 K.457
● モーツァルト:幻想曲 ハ短調 K.396
● ショパン:ピアノ・ソナタ第3番ロ短調 Op.58

 録音:1950年3月20,21日、11月21日 ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ
Disc3
● クライスラー:ウィーン奇想曲 Op.2
● チャイコフスキー:ワルツ・スケルツォ Op.34
● パガニーニ:ヴァイオリン・ソナタ ト長調 Op.3-2
● パガニーニ:カプリース第24番イ短調 Op.1-24
● サラサーテ:序奏とタランテラ Op.43
● ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調 Op.96

 トッシー・スピヴァコフスキー(ヴァイオリン)
 録音:1949年5月17日、1950年5月8,9日、5月29日 ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ
Disc4
1. バーバー:ノックスヴィル、1915年の夏 Op.24
2. バーバー:遠足 Op.20
3. ハンソン:ピアノ協奏曲ト長調 Op.36

 ハワード・ハンソン指揮、イーストマン=ロチェスター管弦楽団(3)
 録音:1950年11月20日(1,2)、1950年12月19日(3) ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ
Disc5
1. シューベルト:4つの即興曲 D.899, Op.90
2. シューベルト:4つの即興曲 D.935, Op.142

 録音:1951年10月31日(1)、1952年2月9日(2) ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ
Disc6
ヤナーチェク:
1. 1-10. 草かげの小径にて 第1集
2. 11-12. ピアノ・ソナタ 変ホ短調『1905年10月1日、街頭にて』
3. 13-16. 霧の中で
4. 17-20. コンチェルティーノ

 ジェイコブ・クラチマルニック、デイヴィッド・マディソン(ヴァイオリン:4)
 サミュエル・リフシー(ヴィオラ:4)、フィラデルフィア木管五重奏団員(4)
 録音:1953年5月21,22日(1,2)、1953年10月20日(3)、1954年6月23日(4) ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ
Disc7
● ドヴォルザーク:ピアノ協奏曲ト短調 Op.33

 ジョージ・セル指揮、クリーヴランド管弦楽団
 録音:1954年4月9,11日 クリーヴランド、セヴェランス・ホール
Disc8
● ショパン:チェロ・ソナタ ト短調 Op.65
● プロコフィエフ:チェロ・ソナタ ハ長調 Op.119

 グレゴール・ピアティゴルスキー(チェロ)
 録音:1965年7月21,22日 ハリウッド
Disc9
ドヴォルザーク:
1. ピアノ五重奏曲イ長調 Op.81
2. パガテル Op.47(2つのヴァイオリン、チェロ、ハーモニウムのための)

 ジュリアード弦楽四重奏団
 録音:1975年10月2,3日(1)、1976年5月14日(2) ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ
Disc10
ドヴォルザーク:
1. ピアノ四重奏曲第1番ニ長調 Op.23
2. ピアノ四重奏曲第2番変ホ長調 Op.87

 ジュリアード弦楽四重奏団員
 録音:1976年5月27,28日(1)、1975年9月30日&10月14日(2)、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ
Disc11
マルチヌー:
● リトルネッロ集 H.227
● 幻想曲とトッカータ H.281
● ピアノ・ソナタ第1番 H.350
● 歌劇『ジュリエッタ』より モデラート
● 練習曲集とポルカ集 H.308より(練習曲ハ長調/ポルカ ヘ長調/練習曲イ長調/パストラーレ/練習曲ヘ長調/ポルカ ホ長調/ポルカ ニ長調/ポルカ イ長調/練習曲ヘ長調)

 録音:1988年6月23,24,27日 ニューヨーク、RCAスタジオ
Disc12
フランク:
1. 交響曲ニ短調 FWV.48
2. 交響的変奏曲 FWV.46

 クラウス・ペーター・フロール指揮、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:
 1988年5月1,2日、ヘンリー・ウッド・ホール(1)
 1989年5月14,15日、ロンドン、EMIスタジオ(2)
Disc13
ヤナーチェク:
● ピアノ・ソナタ 変ホ短調『1905年10月1日、街頭にて』
● 草かげの小径にて 第1集
● 草かげの小径にて 第2集
● 思い出
● 霧の中で

 録音:1989年6月5-7日 ニューヨーク、RCAスタジオ
Disc14
ドヴォルザーク:
1. 1-4. ピアノ五重奏曲第2番イ長調 Op.81
2. 5-7. ピアノ五重奏曲第1番イ長調 Op.5

 リッジ弦楽四重奏団(1,2)
 録音:1990年3月1-3日、6-8日 ニューヨーク、アメリカ文学芸術アカデミー芸術院

3. 8. ユーモレスク 変ホ長調 Op.101-1
4. 9. 我が母の教えたまいし歌 Op.55-4
5. 10. ピアノ三重奏曲第4番ホ短調 Op.90『ドゥムキー』より第5楽章

 フレデリカ・フォン・シュターデ(メゾ・ソプラノ:4)
 イツァーク・パールマン(ヴァイオリン:5)
 ヨーヨー・マ(チェロ:5)
 録音:1993年12月16日、プラハ、スメタナ・ホール(ライヴ)
Disc15
● ドヴォルザーク:ピアノ協奏曲ト短調 Op.33

 ヴァーツラフ・ノイマン指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1990年12月19,20日 プラハ城、スパニッシュ・ホール

● ヤナーチェク:コンチェルティーノ
● ヤナーチェク:カプリッチョ

 チェコ・フィル団員
  Josef Kroft、Jan Buble(ヴァイオリン)
  Jan Marek(ヴィオラ)
  Zdenek Tesar、Ivan Doksansky(クラリネット)
  Jiri Seidl(ファゴット)
  Zdenek Tylsar(ホルン)
  Radomir Pivoda(フルート&ピッコロ)
  Zdenek Sedivy、Jiri Sedivy(トランペット)
  Jaroslav Lisy、Jiri Odchazel、Ludvik Bortl(トロンボーン)
  Jaroslav Tachovsky(テナー・テューバ)
 録音:1991年6月8-10日 プラハ、スプラフォン・スタジオ
Disc16
マルチヌー:
● チェロ・ソナタ第1番 H.277
● チェロ・ソナタ第2番 H.286
● チェロ・ソナタ第3番 H.340

 ヤーノシュ・シュタルケル(チェロ)
 録音:1990年10月8,9,11日 ニューヨーク、RCAスタジオ
Disc17
● ドヴォルザーク:歌曲集『愛の歌』 Op.83より(愛は私たちを幸せな結末には導かない/死は、多くの人の心を支配する/私はあなたへの愛を知っている/あなたの甘いまなざしが私の上におちるとき)
● ドヴォルザーク:歌曲集『ジプシーの歌』 Op.55
● マルチヌー:歌曲集『1ページの歌曲集』 H.294
● ヤナーチェク:『モラヴィアの民俗歌曲』より(第19,29,47,27番)
● ドヴォルザーク:『民謡風の歌曲』 Op.73
● ドヴォルザーク:『聖書の歌』 Op.99より第5,7,10番

 ガブリエラ・ベニャチコヴァー(ソプラノ)
 録音:1991年4月1-3日 ニューヨーク、マンハッタン・センター
Disc18
マルチヌー:
● ピアノ協奏曲第2番 H.237
● ピアノ協奏曲第3番 H.316
● ピアノ協奏曲第4番 H.358『呪文』

 リボル・ペシェク指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1993年6月14-20日 プラハ、ルドルフィヌム


 ルドルフ・フィルクシュニー(ピアノ、ハーモニウム:Disc9-2)

 録音:ステレオ(Disc8-18)、モノラル(Disc1-7)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ピアノ作品集に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品