CD 輸入盤

辻井伸行 第13回ヴァン・クライバーン国際コンクール・ライヴ(日本語曲目表記付)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KHM997505
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

衝撃のヴァン・クライバーン国際コンクール・ライヴ/辻井伸行
日本語曲目表記あり


おめでとう! 辻井伸行さん
第13回ヴァン・クライバーン国際コンクール優勝

今や日本中の注目を集めているピアニスト、辻井伸行。日本人として初めてヴァン・クライバーン国際コンクールの優勝を勝ち取った、衝撃のライヴ演奏がハルモニアムンディよりリリースされます。
 『ハンマークラヴィーア』での推進力に満ちた演奏、ショパンのエチュードの一曲一曲で魅せるきらびやかな音色と刻一刻と変わる豊かな表情、胸を打つ『ラ・カンパネッラ』、そして話題の超難曲、新曲課題のジョン・マストの作品までが収録された、充実のプログラム。辻井が世界で認められた決定的瞬間がすべてここに収められています。
 ジョン・マスト(John Musto)の作品は、コンクールで課せられる新曲演奏の課題曲。演奏日の2週間前に、3人の作曲家の新曲の楽譜を渡され、演奏者はその中から任意の1作品を選び、本選のリサイタル・プログラムに組み込んで演奏します。辻井が演奏したこのマストの作品は、3作品の中で最も難易度が高いもの。辻井はこの演奏で、新曲演奏の最優秀賞にあたる「ビヴァリー・テイラー・スミス賞」も受賞しています。(キングインターナショナル)
 この商品は輸入盤ですが、ジャケット表にアルバム・タイトルが、裏面に曲目が日本語で表記された、日本仕様のデザインとなっています。解説は欧文のみとなります。

【収録情報】
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番『ハンマークラヴィーア』変ロ長調 op.106
・ショパン:練習曲作品10より第1番ハ長調、第2番イ短調、第3番ホ長調『別れの曲』、第4番嬰ハ短調、第5番変ト長調『黒鍵』、第6番変ホ短調
・リスト:『ラ・カンパネッラ』(パガニーニによる超絶技巧練習曲集より第3番嬰ト短調)
・ジョン・マスト:即興曲とフーガ(ヴァン・クライバーン国際コンクール委嘱新作/新曲演奏課題曲)
 辻井伸行(ピアノ)

 録音時期:2009年
 録音場所:テキサス州、フォートワース(第13回ヴァン・クライバーン国際コンクール)
 録音方式:デジタル(ライヴ)
 ベートーヴェン、リスト:予選リサイタル
 ショパン、ジョン・マスト:セミ・ファイナルリサイタル

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ジョン・マストの「即興曲とフーガ」に感銘...

投稿日:2010/12/15 (水)

ジョン・マストの「即興曲とフーガ」に感銘を受けました。もちろんコンクールでの辻井さんのサクセスストーリーに感激しましたが、コンクールを伝えるテレビで知った「即興曲とフーガ」が購入の動機です。ピーター・メニンのトッカータを彷彿させる、個人的には好きなタイプの曲です。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
ある意味、驚異的なミスタッチのなさで、 ...

投稿日:2009/12/10 (木)

ある意味、驚異的なミスタッチのなさで、 コンクールを戦い抜くにはとても大切な ことなんだけど、それ以上のものを感じないんだなぁ。 師匠の横山幸雄氏の演奏も聴いたことあるんだけど、 あの人もテクニックは申し分ないけど、それ以上 のものを感じなかったし、、、 申し訳ないけど、私の好きなプレースタイル(こういう言い方あるかどうか?? あえて、表現するけど)じゃないんだな。 もっと、ナイーブで微妙なニュアンスがだせないと ぐっと来ないんですよ。 なんか聴いていて一本調子なかんじで、 飽きちゃうんだな。 なんで、プロになんかなっちゃったのかな???

すみりーに さん | 神奈川県 | 不明

5
★
★
★
★
★
クラッシックは時々聞く程度で、あまり詳し...

投稿日:2009/10/30 (金)

クラッシックは時々聞く程度で、あまり詳しくありませんが、 テレビのニュースで辻井伸行さんの演奏を聴いた時、 とても澄んだ音色に感じられ、鳥肌が立つほど感動しました。 どうしても、ちゃんと(?)CDで聞いてみたくなり、 思い切って購入しましたが、やっぱりスゴイ! 今まで聞いた事のある曲も、何かが違う。 夜、寝る前に聞いている時、ちょっと目を閉じていたら、 不思議とその旋律に、心が引き込まれるような感じになりました。 (もしかしたら、とても失礼な書き方でしたら申し訳ありません) 自分のように、ただなんとなしにものを見ていると、 見なくても良いものまで見てしまっている気がする。 その余計なものが排除され、純粋な音の世界を知っているからこそ、 こんなにも透き通って素晴らしい演奏が出来るんだと思いました。 自分の中のイガイガしたものが取り払われるような、 魂の浄化作用があるといったら大げさかもしれませんが、 是非、目を閉じて、耳ではなく、心で聞いてみて下さい。

はいさいシーサー さん | 東京都 | 不明

4

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品