きれはし

ヒコロヒー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784910511009
ISBN 10 : 4910511008
フォーマット
出版社
発行年月
2021年08月
日本
追加情報
:
160p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Shoji さん

    ヒコロヒーさんと私は、同郷で同窓なのである。愛媛県人顔してて、愛媛県人の匂いがする。近大顔してて、長瀬(近大前商店街です)の匂いがするのである。もちろん、ヒコロヒーさんは私のことなぞ知る由もない。ゆえ、一方的にシンパシーを抱いているのである。このエッセイは、良くある芸人本、タレント本とは一線を画しています。ちゃんと読ませます。身の廻りのこと、男性にふられたこと、アルバイトのこと、お友達のこと。芸に対する彼女なりの考え。共感しながら読みました。これからも、応援して行きたいと思います。

  • Natsuko さん

    芸人さん本はもう何作目か…あるとつい手に取ってしまう。ヒコロヒーさんの日常エッセイは予想通りの始まり。小難しい言い回し、厄介な生き方…今まで読んだ好きな女芸人さん作品とは大分印象が違って、読了できないかもと過ぎるほど。ただそんな不安は77ページから始まる赤裸々な恋バナで一転。好きな男性のタイプや(意識高い系発言を垣間見ると反吐がでる😅)、合コンで気に入られたある男性と会うたびに不器用な真っ直ぐさに傾いていく様に、共感と応援の嵐だった✨

  • gtn さん

    ラジオ番組「ダイアンのよなよな」にも少し触れているが、著者はダイアンを崇拝している。その一点をもって、著者の感性を信用したい。

  • きち さん

    初めて単独ライブを観に行った芸人さんのエッセイ。元々好きだったがもっと好きになった。好きな物を好きで居続ける難しさを感じた。

  • akarick777 さん

    諦めることでなんとか生きてきたというヒコロヒーさん。諦めるということは、今の自分を認めるというとこで。だからなのか、読んでて心地よく感じる自分がいた。それにやっぱり、面白い!装丁もオシャレですき。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヒコロヒー

1989年、愛媛県生まれ。ピン芸人。著書にエッセイ集『きれはし』がある。本書は初の小説集となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

ヒコロヒーに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品