パトリシア・ハイスミス

人物・団体ページへ

リプリーをまねた少年 河出文庫

パトリシア・ハイスミス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309464428
ISBN 10 : 4309464424
フォーマット
出版社
発行年月
2017年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
560p;15

内容詳細

数々の殺人を犯しながらも逃げ切ってきた自由人、トム・リプリー。悠々自適の生活を送る彼の前に、億万長者の家出息子フランクが現れる。少年は父親殺しの罪を犯していた。トムは自分を慕う少年とともにベルリンへと旅立つが、その地で誘拐事件に巻きこまれる…男と少年の奇妙な絆を美しく描き切る、リプリー第四の物語。改訳新版。

【著者紹介】
パトリシア・ハイスミス : 1921年、テキサス州生まれ。45年に「ヒロイン」が雑誌掲載され作家デビュー。『見知らぬ乗客』『太陽がいっぱい』が映画化され、人気作家に。『太陽がいっぱい』でフランス推理小説大賞、『殺意の迷宮』で英国推理作家協会(CWA)賞を受賞。サスペンスの巨匠として多くの作品を発表。生涯の大半をヨーロッパで過ごした。1995年、没

柿沼瑛子 : 1953年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部日本史学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 星落秋風五丈原 さん

    タイトルは原題=The Boy Who Followed Ripleyのうち「Follow」を「まねた」と訳しているが、事実を誤解されるきらいがある。フランクはリプリーの過去の所業を知った上で近づいてきたのではなく、偶然リプリーと同じように不可能犯罪を起こしてしまったというだけだ。リプリーみたいに腹が据わっているわけではないフランクは、罪の意識やら何やらを打ち明けつつ、なかなかリプリーの家から出ていかない。解説後書きにあるように、当時のハイスミスの恋人事情が影響しているようだ。

  • panam1927 さん

    ★★☆☆☆

  • ふるい さん

    リプリーシリーズ、第四作目。アメリカから家出してきた少年フランクを匿うトム・リプリーは、父親殺しの罪悪感に苦しむ少年にかつてディッキーを殺した時期の不安定だった自分を重ね、しだいに親愛の情を抱きはじめる。それにしても、退廃的な西ベルリンの夜の街で遊ぶ、トムとフランク少年の描写の妖しさったらない。訳者あとがきにもあるが、今作は今までと比べてもかなり同性愛の匂わせ描写が多いようでした(うふふ…)。ベルリンの熊のぬいぐるみが気になる〜。

  • mim42 さん

    筋の疾走感を殺した反面、主人公の思考のうねりが時折顕在化する。なんとそれはメタリカが1991年に採用した手法ではないか。

  • モーリス さん

    ツッコミどころ多数。いやいや、、と呟くこと数知れず。でも、面白い。こっちが深読みしすぎてるだけかも知れないけど、不穏な緊迫感が漂い続ける。誰が裏切るんだろう、どう展開するんだろう、と期待してページをめくる。めくって、めくって、、ラストへと。筋としてはいい作品とは言えない。でも、読ませる作品だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

パトリシア・ハイスミスに関連するトピックス

  • 【映画化原作】二人の女性の恋物語 ケイト・ブランシェット主演で映画化もされたパトリシア・ハイスミスの『キャロル』。デパートの女店員が、美しい人妻キャロ... HMV&BOOKS online|2016年01月20日 (水) 10:35
    【映画化原作】二人の女性の恋物語

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品