パトリシア・ハイスミス

人物・団体ページへ

アメリカの友人 河出文庫

パトリシア・ハイスミス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309464336
ISBN 10 : 4309464335
フォーマット
出版社
発行年月
2016年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
417p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    余命少ない男が残された家族のために依頼された殺人を犯す。しかし、要求はエスカレートして・・・。しかし、なんで調子に乗るリーヴスの方を黙らせないのか分からない・・・。罪を犯し続けるトムと無垢と善良さ故に堕ちていくジョナサンの関係性は、HANNIBALのレクター博士とウィルの関係性に酷似しているようにも思える。一方で後半からイラついてくるシモーヌはシーズンを重ねる毎にウザさが増す『ブレイキング・バッド』のリンダや『HANNIBAL』の善意を振り回してから逆恨みする勘違い女みたいだ。だからこそ、苦く、切ない。

  • 星落秋風五丈原 さん

    思いがけない状況に身を置くことによって誰でも自分のような殺人者になり得るのか。それともそうなれるのは自分だけか。自分が特別であって欲しいと願う一方で、半身を探すような気持ちがあるようにも見える。やはりハイスミス、女性と男性の絡みより男性間に漂う感情を描くのがうまい。当初ジョナサンの妻シモーヌに共感していたのがある時点を機に恐ろしくウザイ存在に映る。半身たる存在が見つかることはリプリーにとっては幸福だろうが、世間にとっては完全犯罪を起こせる人間がもう一人存在することになる。さて、本当のところはどうなのか。

  • ふるい さん

    リプリーシリーズ第三弾。いや〜〜〜面白かった。ジョナサンと一緒の時のリプリーが妙に上機嫌で、仲間ができて良かったね〜と嬉しくなりました(周りに死体ごろごろ転がってるけど)。もはや殺しに躊躇いもなくなったリプリー、果たして今後もベロンブルでの貴族的生活を守れるのか?

  • 秋良 さん

    余命いくばくもない善人に、報酬をちらつかせて殺人をさせることは可能か?というのがリプリーのゲーム。善人ジョナサンがまあ当然のことながら殺人を請け負うまで悩むので、展開が遅い。いやこれもう少し短くても良くない?それにしてもリプリーの勝負強さはなかなか。

  • まこ さん

    2作目の贋作を読んでないからトムが開き直って犯罪してるからいったい何があった。病気で余命いくばくもないを操って殺しをさせる。ジョナサンの妻、シモーヌもトムの関与を知っていながら結局はトムの存在を公にできなかった。人の弱みに付け込むのがうまいな、このトムという男。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

パトリシア・ハイスミスに関連するトピックス

  • 【映画化原作】二人の女性の恋物語 ケイト・ブランシェット主演で映画化もされたパトリシア・ハイスミスの『キャロル』。デパートの女店員が、美しい人妻キャロ... HMV&BOOKS online|2016年01月20日 (水) 10:35
    【映画化原作】二人の女性の恋物語

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品