パトリシアポラッコ

人物・団体ページへ

がらくた学級の奇跡 わくわく世界の絵本

パトリシアポラッコ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784338235150
ISBN 10 : 4338235152
フォーマット
出版社
発行年月
2016年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26

内容詳細

新しい学校でむかえる新学期。トリシャの胸はわくわくしていた。でも、そんなトリシャを待っていたのは「がらくた学級」と呼ばれる特別クラス行き…。落ちこむトリシャを、あたたかくむかえたのは、ちょっと変わったクラスメイトたち、そして型破りなピーターソン先生だった。まわりの心ない言葉に傷つきながらも、トリシャと仲間たちは、自分たちの夢をかなえようと意気ごむ。「がらくたには、すばらしい可能性があるのよ!」と言う、ピーターソン先生を信じて―

【著者紹介】
パトリシア・ポラッコ : 1944年、アメリカ・ミシガン州生まれ。幼いころから識字障害をかかえており、それを担任の先生のおかげでのりこえた経験を『ありがとう、フォルカーせんせい』(岩崎書店)に描いている。大学で美術を学んだ後、結婚して2人の子どもをもうけ、41歳で自分の子どもたちのために絵本を描きはじめる。これまでに60点をこえる絵本を手がけている

入江真佐子 : 翻訳家。国際基督教大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • sui さん

    「ありがとう、フォルカーせんせい」の続編とも言えるお話。とにかく、一度手に取ってみて欲しい。読んでみて欲しい。どんな人も勇気や希望をもらえるはず。それぞれの個性を、才能を伸ばすとはどういう事なのか。その人らしさを発揮するための大きな力になるのが、自分を認めて貰えたという実感。ピーターソン先生の言葉、しっかりと書き写しました。教師という職業は、本当に人を育てるんだなー。

  • たまきら さん

    涙が止まりませんでした。この作家さんの話が大好きです。そして…がらくた学級のみんなが成功を収めている姿に感動。たくさんの偉人たちがいじめられっこだった、という記事を読んだことがあります。特別な何かを持つことでいじめられてしまった人たちが努力して成功している姿は素晴らしい!アメリカで高校生だった頃、「英語も話せないのかよ」とからかう男子がいたけれど、数学や美術のクラスで彼よりも良い成績を取り、先に卒業資格を取った時に謝ってきたときのことをふと思い出しました。今日も頑張ろう!と言う気持ちになれる本です。

  • 魚京童! さん

    泣いてしまった。こうやって信じることのできる人間になりたい。人間の可能性は無限大だ。ただそれを環境が制限する。周りが制限する。やればどこまでも行けるのだ。そう、例えば月にだって。

  • ケニオミ さん

    やっと気づきましたが、ポラッコ氏の本は他でも読んでいました。『ありがとう、フォルカー先生』と『ありがとう、チョウ先生』です。本作を含め、幼少の時、学習障害を抱えたポラッコ氏の自伝的な作品です。ポラッコ氏がどんなに先生に恵まれ、学習障害を乗り越え現在に至ったかを垣間見ることができます。学習障がい児にレッテルを貼って、十パひとからげに対応しようとする先生もいれば、ひとりひとりの才能を見つけ出し、その才能を伸ばそうとする先生もいる。どの先生に当たるかは運かもしれませんが、運だけで済ませない社会が欲しいですね。

  • ろくべえ さん

    ★★★★☆ 小高〜 中1ブックトークの選書候補本。『ありがとう、フォルカーせんせい』の続編的作品。実話を元にしたお話だそうですが、そのまま映画にできそうなストーリー。前作同様、その子の中に潜む宝を見い出し、輝けるよう導くことのできた先生や大人たちの存在意義を感じずにはいられない。ピーターソン先生に出会えた「がらくた学級」の子どもたちは、ある意味他の通常学級の子どもたちよりも恵まれたマイノリティなのだと思う。むしろ告げ口バートンのような屈折した子が気になってしまった。教員や大人にこそ勧めたい絵本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品